052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

不眠症相談室

不眠症で寝つきが悪いことは、ありませんか。眠っても、すぐ目覚めてしまいませんか。朝方早くに目が覚めませんか。

当整体療法の施術を受けてもらえば不眠症は段々と改善されていきます。睡眠は健康に重要です。不眠症は不健康になっていきます。不眠症は国民の5人に1人が悩んでいると言われます。人口の高齢化、ライフスタイルの多様化に伴い生活のリズムが乱れ、それにより不眠症の方が多くなってきたと考えます。不眠症の方自分一人で悩まず当研究所にご相談ください。

 不眠症とは・・・

一般的に不眠症というと、夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまうという症状を思われる方が多いと思います。不眠症はそれだけでなく、次の4つのタイプに分かれます。

1、入眠障害
不眠症の方で一番で多く見られる症状です。「夜なかなか寝付けない」「寝床に入り眠ろうとしても目が覚めてしまい眠れない」などの状態をいいます。
2、中途覚醒
「夜中に何度も目が覚めてしまう」「夜中目が覚めてからなかなか寝付けない」など状態をいいます。
3、早朝覚醒
「朝早く目が覚めてしまう」予定の時間よりも早く目が覚めて、それから寝れない状態になってしまう。
4、熟睡障害
十分な睡眠を摂っているにも関わらず寝た気がしない、日中眠気に襲われるなどの状態をいいます。

あなたは上記の症状に心当たりはありませんか。一般的な不眠症の治療方法は薬物治療が一般的ですが、当療法は薬を使わない方法で不眠症を改善していきます。体を本来の体に戻し正常な睡眠ができるようにしていき不眠症を改善していきます。

不眠症の原因について

①不眠症は自律神経が乱れることにより起きます

自律神経は交感神経と副交感神経があり、睡眠の時は副交感神経が優位に立ち眠気を誘います。体が活発に動いている時、体の歪みや筋肉の緊張がある時交感神経が優位の状態になります。この状態だと眠気を誘いません。

不眠症の方は何らかの原因で自律神経が乱れて不眠症になってしまったと考えます。その乱れの要因としては、悩みごとがあったり、気持ちがイライラするなどの精神的なものであったり、パソコンの仕事をやり過ぎ毎日強い光を見過ぎて脳がいつも興奮状態になっている、他に身体的なものが考えられます。

②当療法は身体的なものを整え、自律神経の乱れを改善していきます

当療法では体全体の歪みと筋肉の緊張を取ることで自律神経の乱れを整え、不眠症を改善していきます。特に首や肩の歪み、筋肉の緊張を取ることが大事です。当研究所には不眠症の患者さんが沢山来られますが、体を検査するとそのように感じます。

体が歪んで筋肉が緊張していると、交感神経が優位になっているので睡眠が取りにくい状態になっています。そうすると夜中なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めるといったことが起きてしまいます。
 
不眠症の施術について

まず、体の軸となる背骨のネジレを取ります。長年施術していると分かるのですが不眠症の方の背骨は皆さんが考えているより相当捻じれています。特に胸椎、頚椎は相当捻じれています。一見捻じれていないように見える人もいますが、不眠症の方の頚椎は相当捻じれています。少し捻じれが取れていくと凄く胸椎、頚椎が捻じれているのが分かります。あまりにも背骨が捻じれすぎていると筋肉が縮み過ぎて硬くなり、ネジレが分かりづらくなります。

このネジレを取るのが大変です。これを取る手法としては、直接背骨に触って背骨の捩じり返しをします。これが一番効果があります。それでもその捻じれや周りの筋肉の緊張が取れない場合、骨盤の歪み、手や足の捻じれをしっかり取っていきます。そうすると段々と捻じれが取れていきます。不思議なものです。手や足の筋肉の緊張が背骨のネジレを酷くしています。

最後に首や頭蓋骨の施術を行います。これも骨格のネジレを取り、筋肉の緊張を取っていきます。そして体全体の筋肉の緊張と骨格のゆがみが改善されていくと段々と不眠症は改善していきます。

<不眠症の関連情報>


不眠症は長年の肩凝り首凝りの方が多い

不眠症の方は特に首や肩の筋肉が恐ろしく緊張しています。まずこれを改善しないと不眠症は良くなりません。当研究所の不眠症の患者さんの話を聞くと、長期間、肩凝り首凝りがある人ばかりでした。
2.3日肩こりだったので不眠症になったということは、まずありません。積もり積もった肩凝り首凝りが不眠症を起こすのです。

巻き肩の人が多くいらっしゃいます

疲れがたまって筋肉が緊張していると体の軸が捻じれて巻き肩になってきます。巻き肩になるくらいですから首凝りや肩凝りが相当酷い状態です。それに伴い頚椎もそうですが胸椎が恐ろしく捻じれている人が多くいらっしゃいます。
腕やいあたの筋肉が緊張していると必ず胸椎も捻じれているはずです。不眠症の方はそうなってきます。頚椎胸椎のネジレ、肩の形を整えば、筋肉の緊張は取れ不眠症は段々と改善していきます。

不眠症は改善するのに少し時間が掛かる人が多い

不眠症の患者さんを施術するとすぐに改善する人もいますが、結構時間が掛かる症状です。それでもあきらめないことが大事です。体の捻じれ激しい人、筋肉の緊張が酷い人は改善するのに少し時間が掛かった患者さんが多くいらっしゃいました。


不眠症の症例


症例1:入眠障害、中途覚醒


<症状>
50代男性。3年前から不眠症で悩んでいる。夜、眠ろうとしても寝つきが悪い。寝ても、1時間ぐらいすると目が覚めてしまう。首や肩が凝っている。血圧もかなり高い。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、頚椎の捻じれが酷く、ストレートネックに近い状態で、首の筋肉や肩の筋肉がかなり凝っていました。鎖骨周りの筋肉の凝りや脇の凝りは結構酷い状態でした。それらを取るよう施術していったところ、通院数回したころで、患者曰く「普通に眠れるようになった」と言っていました。
<施術者のコメント>
不眠症の場合、頚椎の捻じれと首周りの筋肉の緊張を取ることが大事です。そうしないと自律神経が乱れ、眠りにくいと考えます。それから、ストレートネックは頸椎が酷く捻じれた状態です。頸椎の捻じれが改善されてくるとストレートネックは改善されていき、本来あるべき姿の前弯が付いてきます。頸椎の捻じれが改善されると自律神経の乱れも改善され、不眠症は解消されていきます。

不眠症は当療法で段々と改善されていきます。早い人は1回でかなり改善されます。頸椎の状態の酷い人でも、その原因を解消すれば段々と不眠症は改善していきます。症状、生活環境、患者の体の反応により多少改善される早さは違いますが、段々と良くなっていきます。


症例2:入眠障害、途中覚醒

<症状>
20代女性。事務職。3か月前から肩凝りが酷くなった。首の筋肉も常に凝っている。寝つきが非常に悪い。夜、寝ても、1時間位すると目が覚めてしまう。「私の不眠症は何とかなりませんか」と言って来所されました。
<検査> 
患者さんの体を検査したところ、背中や胸、肩や首、頭の周りの筋肉がパンパンに張っていました。これでは、眠れないはずです。頚椎が捻じれて、かつ歪みが入り、さらに首の筋肉が極度に緊張していました。こうなると自律神経が乱れ不眠症になってもおかしくありません。
<結果>
この患者さんは、施術し出して通院数回ですべての症状が改善されました。ぐっすり眠れるようになったそうです。肩凝り、首凝りも無くなったそうです。
<施術者のコメント>
夜、眠れないということは苦痛です。それに眠れないと疲れが取れず、益々首付近の筋肉が凝ってきます。そうすると益々、寝苦しくなります。私も以前そんなことがありました。肩や首の筋肉が凝り過ぎて眠れませんでした。不眠症の方、必ず首や肩が酷く凝っているはずです。触って確認してください。

それから、最近、この方と同じよな事務職でパソコンを一日中使っていらっしゃる女の方が不眠症で数名いらっしゃいました。パソコンを使う方はどうしても、肩が凝ったり、首が凝ったりします。それが酷くなると不眠症になるケースが多いようです。酷くならないうちに体のメンテナンスをしっかりしてください。そうすると不眠症にはなりません。パソコンを一日中やる方気を付けてください。


症例3:早朝覚醒

<症状>
50代男性。2年前から夜眠って朝5時ごろ目が覚めてしまう。もっと寝たい。眠っている時間も少ないのですが、朝、目が覚めてそれ以降眠れない。肩凝り首凝りも酷い。という症状で来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、肩や首、頭の周りの筋肉がパンパンに緊張していました。姿勢も悪く、背中の筋肉もかなり緊張していました。
<結果>
施術しだして通院10回位で段々と起きる時間が遅くなっていきました。午前7時くらいに目が覚めるようになりました。睡眠時間も長くなりました。5時間は連続で眠れるようになりました。
<施術者のコメント>
年配になってくると長年の疲労で体が歪み全身の筋肉が凝ってきます。体の捻じれを取って筋肉の緊張を取ることが大事です。そうすると自律神経の乱れが段々と改善されていき、不眠症も改善されていきます。もう少し頑張ってください。


TOPにもどる