052-587-1817 電話予約
ここをタッチ
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

外反母趾相談室

外反母趾で悩んでいませんか。歩くと足の親指が痛いと困っていませんか。

当療法で外反母趾はドンドン改善されていきます。痛みは短期間で取れていきます。親指の「くの字」に曲がった形もが良くなりますが少し時間が掛かる時もあります。施術を受けてもらえば段々と症状は改善されていきます。外反母趾の痛みを我慢していると増々症状は悪化していきます。ついには痛くて歩けなくなることもあります。外反母趾の痛みや形は当療法で改善できます。困っている方、当研究所にご相談ください。

外反母趾とは・・・

足の親指が小指の方に曲がっている状態を言います。外反母趾の判断基準は親指が小指の方に15度以上曲がったものを言います。15度未満は生理的範囲内で外反母趾とは言いませんが、人により15度以下でも痛みを伴う場合があります。

外反母趾の症状について

外反母趾の方は歩くと親指のくの字に曲がったところが痛い。そこを触っても痛い。足が疲れやすい。冷えやすい。などの症状があります。足の形としては、爪先が浮き上がって指が反った形になっている。足の親指の付け根が「くの字」に曲がって親指が外に向いている。など不自然な形になっています。これは足の裏だけでなく、体全体にも少なからず影響を及ぼしています。早く正常な形にすべきです。

外反母趾の原因について

外反母趾の原因は次のことが挙げられます。
・合わない靴を長時間履いていた。
・足首や膝などに怪我をした。
・体重が急に増えた。
などで、体のバランスが崩れ、足裏のバランスも崩れてしまった。そして足裏に不自然な力が入るようになってしまい段々と外反母趾になっていったと考えられます。

外反母趾の施術について

外反母趾の施術といっても、体全体もを良くする必要があります。外反母趾で足の親指が変形状態になっているということは、体全部にも影響が出ています。足の親指だけやっても中々効果が出にくいと考えます。外反母趾の患者さんを沢山施術していると、そのように感じます。それを踏まえ、まず、

背骨のネジレを取ります。次に骨盤の歪みを取ります。もちろん、それら周りの筋肉の緊張を取っていきます。それから肝心の足に移ります。外反母趾になっているくらいですから、足も相当捻じれているはずです。股関節、膝関節、足関節の捻じれと周りの筋肉の緊張を取っていきます。次に本題の足首から下の施術を行っていきます。

外反母趾は、足の親指が外反偏位(親指がくの字に外に曲がってしまったこと)しているだけではなく、足首から下の踵骨、足根骨、中足骨、趾骨の配列が乱れ崩れています。一つの指が極端に捻じれていると他の指もそれに合わせて捻じれているからです。これも改善していきます。施術的には、まず足裏のアーチを付けます。足裏アーチを付けると言ってもピーンとこないと思いますが、言葉を変えて言うと土踏まずがつくように施術者の手で形を整えます。そして形を作って時間を長めに維持します。そうすると足裏の筋肉が硬い人でも、段々と柔らかくなっていきアーチができていきます。

そうすると足裏の骨の配列が良くなっていきます。足根骨、中足骨、趾骨が本来の位置に戻っていき足の形が良くなっていきます。それから踵の形も重要です。外反母趾の人は踵が捻じれて硬くなっていす。それを正常な形にしていきます。次に足首ですが外反母趾の人の足首はかなり内に捻じれています。これを外旋して修正していきます。そうすると足首周りの筋肉の緊張は解けていき、足首も形良くなっていきます。それを何回かやっていくと段々と外反母趾の形も良くなっていきます。外反母趾の痛みは、普通その場で良くなります。症状が酷く、形も酷い人は少し時間が掛かりますが、段々と良くなっていきます。

外反母趾の関連情報


ハイヒールを履くと外反拇趾になりやすい

ハイヒールを履くと爪先は反りかえります。そうすると足の裏のアーチが無くなりバランスが崩れます。爪先より体重が掛かるので疲労しやすい。足首の形も変え、さらに内旋させます。内旋は疲労状態の形です。そこで足を固めるのですから余計に疲れます。足のバランスはすでに崩れています。足裏アーチは崩れっぱなしです。ハイヒールを履いてもあまり外反母趾にならない人がいますが、ならないのが不思議な位です。


外反母趾の症例


症例1 数日前から歩くと足の親指が痛い

<症状>
30代女性。数日前から歩くと足の親指の付け根が痛い。左右の足の親指が痛い。それから息がしにくい。足首が凝っている。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、全身の筋肉が硬直していました。肝心の足ですが、足裏は扁平状態で足の甲、足裏の筋肉はカチカチに緊張していました。左右の足の親指は、見るからに外反母趾です。親指が明らかにくの字に曲がっています。施術後、歩いた時の足の親指の痛みは無くなりました。足の親指の形も少し良くなりました。本人が言うには息もしやすくなったそうです。肩凝り、首凝りも大分筋肉の緊張が取れました。
<施術者のコメント>
外反母趾は足の親指の捻じれです。親指が捻じれると足裏全体も歪みます。それに伴い足の指の一本一本が捻じれます。外反母趾の良くするポイントですが、まず、中足骨、趾骨の捻じれを取ることです。それから膝関節の歪みも同時に修正すると外反母趾はドンドン良くなっていきます。外反母趾は、そんなに難しい症状ではありません。酷い症状の外反母趾でも当療法で短期間で良くなります。