052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

顎関節症相談室

口を開けると顎が痛い、音がする、ロックが掛かるなどの症状で困っていませんか。当療法で酷い顎関節症も改善していきます。

顎関節症で長年悩んでいらっしゃる方、生活に不自由していらっしゃる方が沢山いらっしゃると思います。顎関節症を改善してくれると聞いて、そこに行ったがあまり変化がなかった。マウスピースを作ってはめたが一向に改善されなかった。などの経験がおありの方もいらっしゃると思います。顎関節症は改善するやり方があります。間違っていると思うように改善していきません。当研究所は顎関節症を得意としています。沢山の顎関節症の方を改善してきました。悩んでいる方、困っている方ご相談ください。

顎関節症の症状について

一口に顎関節症と言っても色々な状態の方がいらっしゃいます。例えば
・口を開けると顎に痛みが出る。
・口を開けると顎から音がする。
・長時間話していると顎の筋肉が張ってくる。
・硬い物を食べる時、顎が痛い。
・顎が痛くて、あくびや大きな口を開けれない。
・顎が痛くて口を開けれない。
・口を開けようとすると引っかかって開けずらい。    

など。上記症状の中にあなたの症状はございますか。これら顎関節症は、放って置いて症状が改善されるということは、ほとんどありません。私のところに来る患者さんで5年前から、10年前から、ずっと顎関節症でしたという人が多いのが何よりの証拠です。

それから、当研究所に来る顎関節症の患者さんは、きまって「どこにいけば、顎関節症が改善されるのか分からなかった」とか「顎関節症を改善するために、色々な所に行ったが、一向に症状は改善されなかったので諦めていた」などいう人たちばかりでした。つまり、顎関節症を治してくれるところが少ないということです。 顎関節症を改善するには技術が要ります。まず、顎関節は複雑な構造をしています。後で詳しく書きますが、顎関節症は、顎だけでなく体全体も良くしないと中々上手く改善しない方もいます。人それぞれ微妙に症状も違えば原因も違ってきます。当研究所はその人に合った施術をします。

顎関節の動きについて

顎関節症を知るには、顎関節の構造と顎関節がどのように動くかを知らなければならないと考えます。まず顎関節の位置ですが、耳の穴の前位のところに少しボコッと出ているのが顎関節です。その動きですが、口を小さく開けた時は下顎骨は頭蓋骨にはまったままです。口を大きく開ける時、もしくは、あくびをする時は下顎骨は頭蓋骨から外れた形になります。これが正常な動きです。首の筋肉が緊張したり頭蓋骨が歪んでいると顎関節の動きは滑らかに動かなくなります。口を開けるとき顎が痛かったり、音が鳴ったり、ロックが掛かったりします。それが顎関節症です。

顎関節症の原因

顎関節症は、他の症状と同じように体の捻じれから起きます。直接的には頚椎の捻じれと顎関節のズレ及び首、顎周りの筋肉の緊張が原因で起きます。そこだけを重点に施術すれば改善する患者さんもいますが、中々改善しない人もいます。そんな人は体全体の捻じれをとってやれば改善していきます。

顎関節症の施術について

まず、体の軸である背骨の捻じれを取っていきます。体を改善する場合、体の軸である背骨の捻じれを取ることが非常に重要です。体の軸をまっすぐにしないと末端は中々効果的に改善していかないからです。それから顎関節症を改善する場合、前項目の原因のところでも書きましたが、頚椎の捻じれと左右の顎関節の位置のズレを解消することが大事です。

頚椎の捻じれは、首の筋肉が緊張すると起きます。これを改善するのに一番効果があるのは、頚椎の捻じれを修正しながら、同時に首の筋肉の緊張を取ることです。当療法ではそのような施術を行ない、頚椎の捻じれを取っています。それから、左右の顎関節の位置のズレを解消していきます。それには頭蓋骨の捻じれを取らなければなりません。頭蓋骨は体が疲労すると、体幹が捻じれると同じように捻じれます。体幹が歪んでいる人は必ず頭蓋骨も歪みがあります。

頭蓋骨の修正のしかたを説明します。頭蓋骨は数種の骨片が集まってできた球体ですから、体幹より複雑に捻じれています。その骨片は各々ズレる方向があります。場所によって全然違います。それを複合して修正していきます。そして、その頭蓋骨の捻じれを取っていくと左右の顎関節の位置があってきます。これも首と同様、頭蓋骨の捻じれを修正しつつ、周辺の筋肉の緊張を取っていきます。ここまでで、症状の軽い顎関節症は無くなっています。

症状の酷い顎関節症は、さらに体幹、手、足等の骨格の歪みや筋肉の緊張をしっかり取っていきます。そうしないと症状の酷い顎関節症は改善されていきません。症状が酷い顎関節症を改善するのに一番難しいのは顎関節を歪ます、引っ張って影響を与えるところを探すことです。これを探し当て正常にしてやれば顎関節症は段々と解消されています。時々、原因が複雑に絡み合っている人、筋肉の硬直が中々改善されない人がいます。改善するのに少し時間は掛かりますが段々と改善されていきます。

当療法の施術の特徴

当療法は、すべて手技でやっております。器具は全く使いません。微妙な感覚を必要とするやり方は手にはかないません。もちろん手法は、すべてギュウギュウ、ボキボキという強い力は加えません。強い圧力を加えると体が拒否反応を起こし、体が防御体制に入ってしまうからです。そうすると、無意識に体に力が入ってしまい、緊張した筋肉を緩まそうとしても、緩まなくなってしまいます。ですから、当療法の施術は超ソフトです。 

ある患者さんに聞いたのですが「顎が痛くて開けれなかった時、ある顎関節症を良くしてくれるという治療所に行ったら、無理やりすごい力で口を開けられた。物凄くいたかった」と言っていました。そんな方法は絶対にしません。当療法は、優しい手法で体が受け入れてくれる自然な施術を行っています。

酷い顎関節症の施術は複雑です。

直接的には顎関節症の原因は頚椎の捻じれと顎関節のズレ、それに首、顎周りの筋肉緊張と言いましたが、酷い顎関節症はそれだけでは症状は改善されていきません。酷い顎関節症の施術は結構複雑です。

先日も口を開けると右顎が痛い。という症状の患者さんがいらっしゃいました。この方の顎の痛みの原因は、右肩の筋肉の緊張でした。右腕の捻じれを取りつつ、右腕を外方向に牽引したところ、口を開けての顎の痛みは無くなりました。無くなったと思ったら、以前あったミシミシという音がするようになりました。この患者さんに話を聞くと、顎の痛みが出る前までは、口を開ける時ミシミシと顎から音がしていたそうです。

この音は頚椎の捻じれと頚椎の椎間板のつぶれが原因でした。良くしたら音は小さくなりました。痛みと音の原因は違うところにありました。状態が酷い顎関節症は原因が複雑に絡み合っています。それでもひとつづつ原因を解消していけば正常な顎になっていきます。それから口を開ける時の顎関節からの音でも、「ミシミシ」音と「ガクッ」とする音は原因が違います。ですから微妙に施術方法も違ってきます。

顎関節症の関連情報

マウスピース(ナイトガード)について

ある患者さんの話です。顎関節症になってしまい、改善してくれそうな医療機関を探し、そこに行ったそうです。そこの先生は「半年くらいマウスピース(ナイトガード)をしていれば、その顎関節症は良くなる」と言っていたそうです。その先生の言うように、マウスピースを作ってもらい半年はしませんでしたが、2、3ヶ月位マウスピースをしていたそうです。症状はいっこうにに改善されないばかりか頭痛がするようにようになったので、マウスピースをするのを止めたそうです。

顎関節症は、筋肉の緊張で骨格が歪み、特に首や顎の周りの筋肉が緊張して顎関節がズレて起こります。ですから筋肉を緩ますことが重要です。歯を削ったり、マウスピースをしても、なかなか筋肉は緩みません。歯を削ったり、マウスピースをしてもあまり顎関節症に効果がないのもそのためです。マウスピースで無理やり顎関節症を治そうとすると人により、体にひずみが来て頭痛になったり腰が痛くなる人もいます。筋肉を緩ますなら整体療法が一番効果があると考えます。

電気による顎の筋肉の弛緩について


これも当研究所の患者さんの話ですが、顎関節症の治療ということで医療機関に行ったそうです。そして、顎の筋肉を緩めるということで、電気をあてる治療を数回受けたそうです。いっこうに顎に変化は起きなかったので、そこでの顎関節症の治療を止めたそうです。他にも顎の筋肉をほぐすということでマニピュレーションを受けたそうですが、いっこうに顎関節症の状態の変化はなかったそうです。顎の筋肉を緩めるには結構な技術が要ります。顎関節症を改善してくれるところを探す場合、よくよく選んで行ってください。

顎関節の関節円板のズレについて

顎関節症を改善するというところのホームページを見ると顎関節の関節円板のズレを良くすると書いてあるところもありますが、顎関節症の治療としてはよい考えだと思います。左右の顎関節の位置がズレると顎の向きが微妙に変わり、顎関節内の関節円板の位置がズレます。そうすると顎関節を動かすとき顎から音が鳴ったり、痛み起きたりします。

しかし、この関節円板のズレを改善するには体全体も良くしていかないと中々改善していきません。結構技術がいると考えます。よくよく治療院を選んでください。

他の顎関節症の治療について

先日、初めていらした顎関節症の患者さんの話です。この方の顎関節の症状は口を開けると右顎が痛く、口は少し開けれるだけで、ハンバーグを食べる時、アゴが痛くてかぶりつけないそうです。「ハンバーグが食べたい」と言っていました。彼女が言うには、ある医療機関に行ったら、「アゴが痛い時は薬を飲んでください」と言われ、薬を投与されたそうで、これでお終いだったそうです。そこの先生は「顎関節症は治らない」と言っていたそうです。

そんなことはありません。顎関節症は体の捻じれからくるもので、その捻じれを取ってやれば痛み、音などの症状は解消されます。顎関節症は、肩凝り、腰痛、膝痛などと同じように疲労が溜まり筋肉が緊張し、骨格が捻じれて、動きが不自然になっただけです。本来の骨格に戻し、筋肉の緊張を解消してやれば顎関節症は良くなります。

親知らずを抜いたことで顎関節症になることがあります

当研究所の患者さんで親知らずの抜歯で顎関節症になってしまった人が数人いらっしゃいました。はじめに言っておきますが、親知らずを抜かない方がよいと言っているのではありません。親知らずがると痛いなら抜いてください。上手に抜いてください。

親知らずを抜いて顎関節症になってしまった患者さんの話ですが、抜く前は口を開けても顎が痛い、顎から音が鳴る。という症状は無かったそうです。抜歯をして数日たって、口を開けると顎が痛い。それから顎から音がする症状が出たと言っていました。抜歯をしたとき顎の周りの筋肉のバランスが崩れたと考えます。親知らずを強引に抜くと顎のバランスが崩れ顎周りの筋肉が緊張してしまうことがあります。頭蓋骨はデリケートです。無理な圧力は禁物です。


毎日長時間パソコンをする方は、顎関節症になる人が多い。
 

当研究所の顎関節症の患者さんの仕事で一番多いのは、長時間パソコン操作をしている人です。まず長時間座った状態でパソコンをしていると必ず肩の筋肉が緊張してきます。首の筋肉も凝ってきます。さらにパソコンの画面をのぞきこむような姿勢で見ていると最悪です。頭の重さを全部首で支えなければならないので余計に首の筋肉が疲労します。そうすると頸椎の捻じれが酷くなり、ますます顎関節症になる要因をつくります。せめて良い姿勢でパソコンを見て、首にかかる負担を軽減してください。それから、肩の筋肉の緊張をほぐすために、時々は肩を回したりしてください。立ったりして体を動かすのも少しは有効です。

顎関節症は肩、首の筋肉が激しく緊張するとなりやすいのですが、肩や首の筋肉が激しく緊張してもならない人もいます。顎関節がしっかりした人です。顎関節がしっかりした人は、顎関節症になりにくいはずです。最近の若い人は顎がほっそりした人が多いのでなりやすい傾向にあると思います。

それから女性に顎関節症が多く見られます。当研究所の顎関節症の患者さんでも、圧倒的に女性が多くいらっしゃいます。男性より筋肉量が少ないからだと思います。女性で顎のほっそりした方、顎関節症に気を付けてください。顎関節症になってしまったら当研究所に来てください。皆さん良くなっていかれます。

顎関節症が酷くなると頭痛や耳鳴りにもなったりします

顎関節症を改善する施術は頭痛、耳鳴りとほとんど同じです。ほとんど同じところが緊張してなるので顎関節症が酷くなり以前なかった頭痛、耳鳴りになっても不思議ではありません。もし顎関節症になってしまったら、早めに改善してください。症状が酷くなって起こる頭痛、耳鳴りにはならないと考えます。

顎関節症になりやすい行為

顎関節症になりやすいので次のようなことをしない方がよいと考えます。これらすべて当院に来た患者さんに色々話を聞いた、患者さんのことです。参考にしてください。

・頬杖をつく。

頬杖をつくということは顎を傾けた姿勢を取るので、顎関節がずれてしまいやすい、頸椎も歪み顎関節症になりやすい。
・電話を掛ける時、受話器を肩と顎で挟んで電話する。
電話をする時、肩と顎で受話器を挟む。挟んだままだと首が傾いた状態なので頸椎が悪くなり、顎関節症になりやすい。
・顎の運動といって、顎関節を横に動かすことを何回もする
小さいころ、面白半分で、このような動きをしていたら口を開ける時、顎から音が鳴るようになってしまった。という患者さんがおられました。この患者さんが言うには、子供の頃、音がするようになってから、20年間ずっと口を開ける時、音が鳴ると言っていました。顎は横に動かすようにできていないので、何回も顎に不自然な動きしていると、顎に変な癖ががついてしまいます。やらないようにしてください。
・物を食べる時、片方だけで噛んでいる。
長年していると片方だけに筋肉がついて左右顎のバランスが悪くなり左右の顎関節の位置がズレやすい。
・食事時、横を向いて食べる。
食事する時テレビ等が横にある場合、テレビを見ながら食事をとると顎がずれやすい。正面を向いて食事をしてください。
・うつ伏せで寝る。
夜、うつ伏せで寝ると、首が悪くなります。うつ伏せで寝ると必ず頭を右か左に倒すということになります。長い時間その体制にしていると首に捻じれた癖がついてしまいます。

上記のようなことをしていたら止めてください。顎関節症になる原因となります。


顎関節症になりやすい人

・夜、眠っている時、歯ぎしりをする方
これは一種の症状です。放置していると顎周りの筋肉がさらに緊張して、顎関節症になったり、歯がすり減ったりします。歯ぎしりする人はすでに首周り、顎周りの筋肉が結構緊張しています。筋肉が緊張しているから歯ぎしりすると考えます。

・枕の高さがあっていない方
枕の高さがあっていないと、眠っている間に首に力が入ってしまい、寝ても緊張が取れないと考えます。首の筋肉に緊張が入るということは頚椎症の原因にもなります。首が悪いということは顎関節症の要因になります。それから、高さが高い枕が好きな人は、頚椎が悪い人だと考えます。頚椎が良くなると枕の高さの好みが変わります。私がそうでした。頸椎を良くしたら、枕の高さが高くなくても楽に寝れるようになりました。不眠症が良くなりました。

・むち打ち症になったことがある方
むち打ち症になって、治療後、首が完全に良くなったならよいのですが、首の痛みがなくなっただけで、首にまだ違和感が残っている人は、しっかり頸椎を治した方がよいと考えます。医療機関だけでは首を本来の形に戻せないと考えます。首が悪いということは顎関節症の要因となります。参考になれば幸いです。



顎関節症の症例


症例1:口を開けると顎に痛みが出る

<症状>
20代女性。1か月前から口を開けようとすると右顎が痛い。顎が痛くて、全開まで口を開けれない。自分の指で2本分しか口が開けれない。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、体全体の筋肉が驚く位ガチガチに緊張していました。特に頚椎、頭蓋骨は相当捻じれていて、周りの筋肉は硬直に近いくらい緊張していました。1回目の施術後、「体が軽くなった」と本人は言っていました。肝心の口は以前より少し開けれるようになっただけでした。通院6日目で痛みなく、口が全開できるようになりました。
<施術者のコメント>
この患者さんは体全体がすごい捻じれで、筋肉も体全体が硬直に近い状態だったため、改善するのに時間が掛かってしまいました。本人の話や体の状態から推測すると顎関節症の原因は相当疲労が溜まったためだと考えます。本人が言うには、ずっと一日中パソコンの仕事をしていて、いつも肩凝り首凝りが辛かったそうです。パソコンで仕事を一日中している方、気を付けてください。


症例2:口を開けると音がする

<症状>
20代女性。3年前から口を開けると右顎から音がする。疲れてくるとその症状は酷くなる。それから肩凝り、首凝り、背中の凝りが酷い。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、患者さんが言うように、肩の筋肉の凝り、首の筋肉の凝り、背中の筋肉の凝り、背中の筋肉の凝りがかなり酷い状態でした。顎の周りの筋肉もかなり緊張していました。通院4回で顎の音は無くなりました。初回で施術後、音はしなくなったのですが、次に来た時、音は戻っていました。通院4回目で戻らなくなりました。
<施術者のコメント>
本人はパソコンを仕事で毎日長い時間しているそうで、手の指、前腕の筋肉もかなり凝っていました。それから体幹も歪み、骨盤も目立って歪んでいました。本人は「以前、足を組む癖があった」と言っていました。それが骨盤を歪ませ、体幹が歪んだ大きな原因であると考えます。体が歪んでいるということは、顎関節症になる大きな要因です。顎関節症の原因は簡単に言うと体の捻じれです。捻じれが酷いと色々な症状が出ます。その捻じれが首、顎にあるということです。その捻じれを解消すれば顎関節症は無くなります。

症例3:口を開けると顎にロックが掛かる


<症状>
20代女性。9年前から口を開けよとすると途中で開けずらくなり顎にロックが掛かり、それ以上口が開けれない。その時顎から音もする。それから右肩が凝っている。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、体幹がかなり捻じれていて、右肋骨が左側よりかなり下がっていました。背骨の周りの筋肉もかなり凝っていました。施術しだして、通院2回で口を開ける時、顎がロックすることもなくなり、音もしなくなりました。それから本人が言うには、症状として申告していなかったことで便秘気味だったのも良くなったそうです。
<施術者のコメント>
体をまっすぐにしていくと顎関節症も改善していきます。それから便秘も改善していきます。この方の主訴の顎関節症の原因はやはり体の捻じれでした。胸椎、頚椎を同時に捻じれ取りしたところ、口を開ける時の左顎のロックは解除されました。

症例4:20年前から口を開けると音がする

<症状>
40代女性。20年前から口を開けると右顎から音がする。10日前から口を開ける時、痛みも出るようになってしまった。不眠症もある。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、首の周りの筋肉がかなり緊張していて、頚椎の捻じれは酷い状態でした。頭蓋骨もかなり捻じれがあり、顎周りの筋肉も緊張していました。体の軸である背骨の捻じれもかなり酷い状態でした。この方は通院2回ですべての症状が改善されました。口を開けても痛みや音は無くなりました。不眠症も無くなりました。
<施術者のコメント>
背骨が捻じれるということは、それにつられて体全体が絞れるということです。疲労が溜まってくるとこうなります。体が捻じれが酷いと、いくらしっかり寝ても疲労は取れません。悪循環です。この悪循環から抜け出すには骨格の捻じれ取りしかありません。人により症状が改善する早さは違いますが、20年来の顎関節症も当療法を受けてもらえばどんどん良くなっていきます。


症例5:口を開けると顎先が右に流れる

<症状>
30代女性。数か月前から口を開ける時、顎先が右に流れて開く。首が常に重く感じる。首の筋肉が凝っている。硬いところに仰向けに寝ると腰に凝った感じがする。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、患者さんの申告通り、首の筋肉がかなり緊張していました。重く感じるのも無理はないと考えます。顎関節は、左右の高さがかなり違っていました。これでは顎先が右に流れても不思議ではありません。腰椎は少し捻じれがありました。通院2回ですべての症状が改善されました。
<施術者のコメント>
本人は「口がまっすぐに違和感なく開く。首が軽くなった。硬いところに寝ても腰が凝った感じがない」と言っていました。症状が軽めのうちは、比較的早く症状は改善されていきます。体が変だなっと思ったら早めに来てください。症状は早く改善されます。




患者様の施術後の感想



感想文
1、いつから、どこに、どのような症状が出ていますか。
2年くらい前からアゴが引っかかって食事をうまくかめなっかったり、あくびをすると、アゴが鳴っていたみを感じるようになった


2、施術を受けて、どうでしたか。
なおりました


感想文
1、いつから、どこに、どのような症状が出ていますか。
15年前からアゴのおとがなり、はずれそうになることがあった


2、施術を受けて、どうでしたか。
初回で少し、状況が改善し、4回で音もなくスムーズに開くようになった

感想文
1、いつから、どこに、どのような症状が出ていますか。
1カ月程前からアゴが鳴って痛いです。

2、施術を受けて、どうでしたか。
アゴの痛みも無くなり、口を開けてもならない。

感想文
1、いつから、どこに、どのような症状が出ていますか。
3年前から顎に顎関節症の症状が出ていました。

2、施術を受けて、どうでしたか。
顎関節症が治り、スムーズに口が開くようになりました。




TOPにもどる