052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

肘の痛み相談室

当療法により短期間で肘痛が改善されていきます。野球肘・テニス肘・ゴルフ肘もどんどん改善されてきます。

肘痛が改善していかないと悩んでいませんか。

・肘を曲げると痛い。
・ボールを投げるとき肘が痛い。
・テニスでボールを打つとき肘が痛い。
・ゴルフスイングをするとき肘が痛い。

このような症状で困っていませんか。普通の生活で痛くなった肘痛から、スポーツをやり過ぎて痛くなってしまった肘痛まで、当療法を受けてもらえば、どんどん症状が改善されていきます。特にスポーツのやりすぎが原因で肘を痛めてしまって、スポーツがやりたくても痛くてできない。試合や大会が間近というのに満足に練習が出来ない。などと肘の痛みで困っていませんか。肘痛を我慢したままスポーツをやり続けると、どんどん症状は酷くなってしまうことがあります。そんなとき当研究所にご相談ください。

 当研究所の施術は、全く痛くありません。肘痛に対してソフトにより早く症状を改善することが可能です。肘痛を抱え、それを我慢して生活していると、いつか症状が最悪の状態になりかねません。

 当研究所には多くの肘痛の患者さんが来られます。そしてみなさん施術後、喜ばれて帰られます。他の整体院・接骨院で改善されなかった肘痛も改善されていきます。名古屋市で肘痛改善の整体院をお探しなら、まごころ自然整体研究所に御相談ください。



スポーツのやりすぎでなった肘痛について

スポーツをやり過ぎて痛くなった方が当研究所に沢山来られます。特に野球肘、テニス肘、ゴルフ肘の方が多くいらっしゃいます。それらについて少し説明したいと思います。
 
野球肘について
 
日本の野球人口は非常に多く、その中には練習しすぎて「野球肘」になってしまった方が多くいらっしゃいます。野球肘の正式名称は「上腕骨内側上課炎」と言います。野球肘はピッチャーやキャッチャー等ボールを多く投げるポジションに多いようです。多くは、投球フォームが悪いか、肩・肘慣らしをしっかりせずいきなり全力で投げたりして、肘の内側をいためて起きてしまう方が多いとお聞きします。

テニス肘について
 
テニスも練習のやり過ぎで肘を痛め「テニス肘」になる方がが多くいらっしゃいます。特徴としては、野球肘と違い、肘の外側に痛みが出ることが多いようです。テニス肘の正式名称は「上腕骨外側上課炎」と言い、バックハンドをよく使うとこのような痛みが出るようです。テニスでもスマッシュやサーブを多くやる方は内側が痛くなる人がいます。

 練習量が増えるとテニス肘になる確率が増します。それから、ラケットが重い、グリップが合っていない等でテニス肘になることもあります。しかし、誰もがテニス肘になるわけではありません。肘に負担の掛らない正しいフォームを身につけて、無理なくテニスをしてもらえばテニス肘にはなりにくいと考えます。

ゴルフ肘について
 
ゴルフ肘は、野球肘、テニス肘と違い、肘の内側と外側両方に痛みが出ます。ボールを肘が伸びた状態で打つので、強い力が肘に掛かり、肘への負担は大きいと考えます。それから、野球肘、テニス肘と同じように、悪いフォームでのスイングすると、肩、肘、腰すべてに負担をかけてしまい、ゴルフ肘の原因ともなります。


肘痛の症例  その1

<症状>
10代男性。野球部所属。一か月前から肘が痛い。右肘を曲げても伸ばしても痛い。という症状で来所されました。かなり野球の練習はしているそうです。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、右前腕の筋肉がかなり張っており、肩や上腕の筋肉もかなり張っていました。一番硬い凝りがあったのは右肘周りのところでした。丹念に筋肉の張りを取っていったところ、その場で肘を曲げても伸ばしても、肘痛はありません。
 他の症状の痛みの申告はなかったのですが、体中の筋肉が、かなり凝っていました。体幹もかなり歪んでいました。体全体のバランスも良くしつつ、体中の筋肉の凝りを取っていきました。肘だけ良くしても、体のバランスが悪いと、また肘が悪くなることがあります。

肘痛の症例  その2

<症状>
40代男性。ゴルフのし過ぎで1か月前から左肘を外に捻じると痛い。左手の指先が痺れる。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査すると、腰が捻じれて腰の筋肉がかなり緊張していました。肝心の症状のある左肘、左手の指の筋肉も緊張し硬くなっていました。肘や指の捻じれを取りつつ、筋肉の凝りを取っていったところ、肘の痛みは無くなりました。指の痺れも半減しました。
<施術者のコメント>
ゴルフは体を捻じってするスポーツなので、特に体幹が捻じれやすく腰の筋肉も凝ります。体幹が捻じれると、肘や脚も捻じれて疲労しやすくなります。練習後は、十分筋肉をほぐしてください。そうすると肘痛など起きないと考えます。自分でぼぐしきれない時は当研究所に来てください。しかり筋肉をほぐし体を整えます。

肘痛の症例報告 その3

<症状>
50代女性。数日前から両肘を曲げると痛い。手首を内側、外側に捻じると手首が痛い。それから左肩が後ろに回しにくい。腰の筋肉も凝っている。という症状で来所されました。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、かなり体幹が歪んでおり、背中、腰の周辺の筋肉が相当凝っていました。それから腕もかなり内に捻じれていて、肩、肘、手首の周りの筋肉は相当凝っていました。施術後、すべての症状は良くなりました。
<施術者のコメント>
肘が痛い。手首を動かすと痛い。というのも使い過ぎて肘関節、手首の関節の周りの筋肉が緊張し、関節が捻じれてしまって起きると考えます。その捻じれを取ってやれば痛みは無くなります。痛くなったら早めに来てください。症状は早く良くなります。骨格のネジレを取り、周りの筋肉の緊張を取れば症状は改善していきます。



肘痛の原因について

野球肘もテニス肘もゴルフ肘も、すべて肘関節の捻じれが原因です。肘痛を良くするには、肘関節の捻じれを取ることが大事です。それから、肘の捻じれを取るには体の軸である体幹も関係があります。体は部位部位で別れてはいません。すべてつながっています。肘痛の症状を良くするのに、背骨、肩等の捻じれも正常にすることが重要です。その捻じれを取らないと肘痛は短期間に改善していきません。

当療法の肘痛の施術について
 
 当整体院の肘痛の施術方法は、肩コリや腰痛の方と同じようにまずは背骨をまっすぐにしていきます。背骨は体の軸になるところです。ここの捻じれを取らないと他の所も思うように改善していきません。

 それから、症状のあるところを施術していきます。肘痛のある方は腕全体が捻じれていますので、その捻じれを取っていきます。肘関節の捻じれだけでなく、手関節、肩関節の捻じれもしかり取ることが重要です。

症状の軽い人で1回~3回で肘痛の症状が改善されます。肘痛も腕の捻じれをしっかり取ればどんどん改善していきます。

 それから、スポーツをしながらでも症状は改善していきますが、スポーツをしている分、体が疲労しますので良くなるのに時間が掛かります。必要に応じて当療法の自分で行う体のメンテナンスも教えますので、症状はどんどん良くなっていきます。



スポーツ障害を未然に防ぐには・・・・


 テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、肉離れ、靱帯損傷、捻挫、腰痛、膝痛などのスポーツ障害は、予防によってほとんど防ぐことが出来ます。それでは、どうしたらよいか。「スポーツ障害になりにくい体」にすればよいのです。スポーツ障害になりにくい体にする為には、筋力トレーニングをして頑健な体にすればよいと思っている方もいらっしゃいますが、それは間違いです。上記に書いたスポーツ障害で当研究所に患者として筋肉を鍛えられた頑健な体の人もいらっしゃいます。スポーツをするうえで、筋力をつけることは大事ですが、「スポーツ障害になりにくい体」にすることとは別物です。

上記のスポーツ障害でいらっしゃる患者のほとんどが、過度のトレーニングで疲労し、骨格が歪み、捻じれて、筋肉がカチカチなっています。当然、筋肉の柔軟性は無く各関節の可動域は小さくなっています。スポーツ障害を未然に防ぐには、このような状態の反対の体にもっていけば障害を負わない身体になります。方法としては、激しい運動が終わった後、必ず自分で筋肉を緩ませ、各関節を柔軟にして関節の可動を広げておく。ついでに骨格の歪み、捻じれを取っておけば万全です。面倒くさがらず必ずやって下さい。

 運動した後、筋肉は疲労し筋肉が緊張し、一時的にせよ体は歪みます。骨格の歪みが少ない状態なら休憩を取れば自己治癒力で、体は元にもどりますが、あまりにも疲労が溜まって体の歪みが激しく、筋肉がカチカチですと、運動するとさらに疲労がたまるばかりです。疲労が溜まる前に体のメンテナンスをして下さい。一番いいのは運動した後です。そうすることで激しい運動をしても上記のスポーツ障害は起きないと考えます。

 




※口コミで評判、名古屋市外からも多数患者が来院されます

当研究所には、愛知県名古屋市中村区、名古屋市東区、名古屋市南区、名古屋市西区、名古屋市北区、名古屋市瑞穂区、名古屋市昭和区、名古屋市守山区、名古屋市天白区、名古屋市名東区、名古屋市熱田区、名古屋市港区、名古屋市千種区、名古屋市中川区はもちろん、名古屋市外の愛知県豊橋市、瀬戸市、半田市、愛西市、清須市、大府市、東海市、春日井市、小牧市、岩倉市、刈谷市、安城市、岡崎市、知多市、常滑市、豊田市、田原市、一宮市、北名古屋市、岐阜県多治見市、土岐市、可児市、関市、各務ヶ原市、岐阜市、恵那市、大垣市、海津市、郡上市、下呂市、高山市、中津川市、羽島市、飛騨市、瑞浪市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、三重県伊勢市、松阪市、津市、四日市市、桑名市、いなべ市、鈴鹿市、亀山市、鳥羽市、志摩市、名張市、尾鷲市、熊野市の遠方からもインターネットで当研究所を探し来られます。肘の痛みは改善されます。諦めないでください。

肘痛について、お悩み等あれば遠慮なく、名古屋市中村区の名古屋駅前にあるまごころ自然形体研究所に御相談ください。当研究所の肘痛の症例報告のブログです。参考にしてください。


                                                    
名古屋駅から徒歩
問合せ・御予約は電話でお願いします
TEL052-587-1817
営業時間:10時~12時/14時~20時


TOPにもどる