052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

腰部脊柱管狭窄症相談室

医者に腰椎脊柱管狭窄症といわれ、お尻や足に痛みや痺れがある。体を丸めると痛みは楽になる。そんな症状でも良くなります。

坐骨神経痛でよくみられるのが、この症状です。ヘルニアでも坐骨神経痛になりますが、狭窄症でも坐骨神経痛が起きます。酷い症状の方になると激痛で生活に支障をきたすばかりか、激痛で寝られないこともあります。医者で手術を勧められる人もいると思いますが、手術はしたくないという方、当療法を受けてもらえば段々と改善していきます。

脊柱管とは・・・

脊柱管は背骨に囲まれた管のことをいいます。背骨は椎体と呼ばれる骨が重なり合ってできています。その中は空洞状態になっており、その重なり合って連なった部分を脊柱管といいます。その管の中には脊髄が通っており損傷しないように保管しています。

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰椎の脊柱管が狭くなり脊柱管を通っている神経を圧迫し腰痛や足の痺れなどを起こす病気を言います。初期症状は腰の周りが重い、違和感があるなど、臀部から足にかけて症状が出ます。長時間歩いたり、立っていると段々と臀部や足に痺れや重さが感じられるようになります。さらに症状が酷くなると痛みが出たり、ついには歩行が困難になることもあります。それから寝る時、体を丸めると症状が軽減したり、仰向けっで足を伸ばすと症状が悪化することがあります。状態が増々悪化すると排尿障害を起こすこともあります。それから歩行時に尿意をもよおしたり、失禁したり、便秘や会陰部に灼熱感を感じたりすることもあります。

症状の出方について

狭窄部分が脊柱管の中心部にある場合、両方の足に痺れ、痛みなどの症状が出ますが、狭窄部分の位置により片方のお尻や足に症状が出ることがあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因について

書籍などを読むと時々「脊柱管狭窄症の原因は加齢による骨や靭帯などの変性」などと書いてあります。原因が曖昧に書いてあることが多く、加齢がどうして原因になるのか、しっかり書いてありません。当療法では長年の疲労が溜まり筋肉が緊張し背骨が捻じれて起きると考えます。背骨の捻じれるから脊柱管が狭くなってしまうと考えます。脊柱管の狭窄は背骨の主にネジレが原因と考えます。

それから腰部脊柱管狭窄症の患者さんの背骨は皆さんが考えている以上に捻じれています。当研究所の患者さんの背骨を検査すると物凄く捻じれていて、背骨の周りの筋肉は、ところどころ硬直しています。ほとんどの狭窄症の患者さんはそうでした。これを解くことで段々と症状がおさまっていきます。

腰部脊柱管狭窄症の施術法について

まず、背骨のネジレを取ります。背骨のネジレをしっかり取ることが一番重要です。ネジレが完全に取れれば背骨の狭窄は無くなり症状は起きません。脊柱管狭窄症の場合物凄い捻じれがあると考えてください。背骨の次は骨盤の歪みを取ります。骨盤の歪みがある場合、腸腰筋の緊張があります。これをしっかり取らないと骨盤の歪みはとれません。骨盤の歪みを取るには足の捻じれも大いに関係があります。足の捻じれと緊張を取りながら骨盤の歪みをを取ると両方効率よく取れていきます。それから腕、首、頭も同じように施術していきます。症状が酷い人は、時間は少し掛かりますが段々と改善していきます。

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症は背骨が相当ネジレて周りの筋肉が硬直しています。酷い癖があると思ってください。酷い悪いクセは中々良くならないものです。何回も施術していくうちに良くなっていきます。ですから症状は軽いうちに来てください。初期段階に来てもらえば改善するのに時間は掛かりません。それから手術する前に来てください。手術すると手術痕ができてしまい、さらに時間がかかると考えます。

腰部脊柱管狭窄症の関連情報

その1 
その1 腰椎椎間板ヘルニアとの違いについて


腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアは同じような場所に原因が発生するので症状を見極めるうえで比較したいと考えます。(以下名称は省略して狭窄症とヘルニアと書きます)
①前屈すると症状が和らぐのが狭窄症で、前屈すると症状が悪化するのがヘルニアです。反対に腰を反らすと狭窄症は症状が悪化します。
⓶狭窄症は高齢者に多く発症しますが、ヘルニアは30代40代に多く発症します。
③狭窄症は長時間歩行すると足に痛みが出てきます。安静時には痛みはでてきません。ヘルニアは安静時に痛みや痺れを感じるのがほとんどです。

どちらも当療法で改善していきますが他の症状より改善するのに少し時間が掛かります。


その2 狭窄症と腰椎変性すべり症について

ほとんど狭窄症と同じ症状が出ます。「すべり症」は腰椎がズレることで脊柱管が狭くなり、中にある神経を圧迫します。症状としては、これも長い距離を歩くと症状が出ます。立ったり歩いたりするとお尻や太もものところが痛くなります。少ししゃがんでいると楽になっていきます。もちろん当療法で段々と改善されていきますが、これも少し時間が掛かります。腰椎4番目に起きやすく、女性に多いようです。

腰部脊柱管狭窄症の症例


症例1 10分位歩くとお尻が痛くなる

<症状>
80代男性。以前から10分位歩くとお尻が痛くなる。右太ももの外側も痛くなる。足はいつも浮腫んでいる。医者に行ったら腰部脊柱管狭窄症と言われた。という症状で来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、全身の筋肉がカチカチに緊張していました。腰は前かがみになっており、いわゆる腰が入っていない状態でした。腸腰筋が硬直していました。それから特に足首周りの筋肉は硬直して、足首の可動が悪い状態でした。肝心の腰椎ですが相当捻じれて周りの筋肉は硬直していました。
<結果>
通院3回で腰は大分伸びきて、もう少しで腰が入る状態になるところまで来ました。本人は10分位歩いてもお尻の痛みは無くなった。と言っていました。足の浮腫みも取れました。全身の筋肉も大分ほぐれたようです。
<施術者のコメント>
狭窄症はネジレを取れば良くなります。年配の方でもドンドン良くなっていきます。症状が軽いと早く良くなります。




TOPにもどる