052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

リウマチについて

リウマチ痛で関節が曲げられない、膨らんでしまった関節も細く正常になっていきます。リウマチは当療法で段々と改善されていきます。
 
 リウマチになると激痛です。薬を服用しても改善されるのに時間が掛かります。何日も何日も激痛にたえるのはものすごく辛いものです。痛みのせいで色んなストレスを抱え、外に出かけたくても出かける余裕もないと思います。そんなリウマチ痛を当療法は解消していきます。
リウマチでお困りの方、ご相談ください。


 リウマチのこんな症状はありませんか。

・手の指の関節が何もしなくてもジンジンする。
夜中、手がジンジンして寝むれない。
手の指、足の指の関節が痛くて曲げられない。
指関節、肘関節が膨らんできて痛い。
手首、足首の関節が痛くて曲げられない。

肩関節が硬くなって動かない。
膝関節が曲がったままで痛くて、動かせない。
首、顎が痛くて動かすことができない。    

など。すべてのリウマチの症状は、当療法で段々と良くなっていきます。整体療法で本当に良くなるかとお思いでしょうが、段々とリウマチ痛は解消されていきます。全身にリウマチの症状がある方も良くなっていきます。諦めないことが大事です。

名古屋市でリウマチを良くしてくれる整体院をお探しなら、名古屋駅前にある当整体研究所に御相談ください。



リウマチの原因について

  当療法では、リウマチの原因は極度の疲労と考えます。自分の体の許容範囲以上に体を酷使してしまい体に疲労が溜まり、体が捻じれすぎて筋肉が硬くなってしまったものと考えます。

 当研究所のリウマチの患者に色々話を聞くと、リウマチの症状になる前に必要以上に力を使ったとか、何年も力仕事をしていた。という人がほとんどでした。それから、患者のほとんどが女性でした。そう考えると、「リウマチの原因は極度の疲労」ということも納得ができます。

 それから、リウマチの患者さんをよく観ると努力家とか、何にでも一生懸命やるような感じの人がほとんどです。自分の体の許容範囲以上に体をめいっぱい使いすぎて、極度に疲労が溜まっていったようなに感じます。


当療法のリウマチの施術方法について


 当療法のリウマチの施術は、腰痛や肩凝りの施術と基本的には、あまり変わりありません。まず、背骨の捻じれを取って、背骨をまっすぐにしていきます。それから、手、足など末端の部分、症状のある部分を施術していきます。施術の仕方で、他の症状と違うとしたら、強烈なリウマチ痛のある方は、超ソフトに施術するくらいです。

リウマチの患者さんで普通に施術しても痛みがない方もいらっしゃいますが、強烈に痛い方もいらっしゃいます。痛い方はおっしゃってください。その人の体に合わせたやり方で痛み無く施術をしていきます。

 当療法では、リウマチは、極度の疲労が原因と考えています。その疲労を取ってやれば、段々とリウマチ痛は改善されていきます。疲労は筋肉の緊張による骨格の捻じれです。このネジレを取っていけばリウマチは、段々と良くなっていきます。

 リウマチの患者さんを沢山施術していると分かるのですが、他の症状の患者さんと比べ、背骨の捻じれが半端なく酷いということです。見た目には分かりにくと思いますが背骨を触ってみるとよく分かります。この酷い捻じれを取っていかないとリウマチの症状は良くなっていきません。リウマチの施術ポイントは背骨の捻じれをしっかり取ることです。この捻じれをいかに早くしっかり取るかが一番重要です。

 リウマチは捻じれが酷いので少し時間はかかりますが、捻じれが取れるにしたがってリウマチの症状は段々とおさまっていきます。それから、リウマチは良くするのに一番大事なことは治らないと諦めないことです。




<リウマチの関連情報>


リウマチによる関節の変形について

リウマチの症状が進行してしまった患者さんで、膝関節、肘関節や指関節が変形して膨らんでしまうことがあります。これは関節周りの筋肉が緊張し、関節がずれてしまい、それを覆うようにして筋肉が緊張ないし硬直してしまったとき起きます。

これも少し時間は掛かりますが、当療法で施術すると段々と元の形の関節に戻っていきます。周りの筋肉の緊張を解き、関節のズレを正常にしてやれま良いのです。緊張した筋肉の癖も何回か施術して解いてやれば、リウマチによる関節の変形したふくらみは解消されていきます。

癖の度合いが強いか弱いかで改善の早さが異なりますが、それでも段々と改善されることは間違いありません。先程書きましたが、リウマチは極度の疲労と考えてください。誰でも疲労が溜まると筋肉が緊張し、骨格が捻じれて関節も捻じれてズレたようなかたちなります。それを正常にしてやればよいのです。

普通は十分な休養をとると、骨格の捻じれは解消されますが、十分な休養を取っても骨格が捻じれたそのままの人もいます。そのままの人には少し手助けしてやれば良いのです。そうすれば骨格の捻じれや歪みは解消されます。極度の疲労で骨格が捻じれたままになっているのがリウマチと考えてください。リウマチは当療法で段々と改善されていきます。


リウマチと他の症状との違い。

 リウマチと他の症状との違いは、施術するたびに痛みやはれ、浮腫みが取れていきますが、他の症状より「戻りやすい」ということです。酷い癖があると考えてください。それでも、何回かやっていくうちに痛み等は、段々と戻らなくなっていき、リウマチ痛から解放されていきます。リウマチが改善される早さは、個人差があります。その患者さんの生活する環境も違えば、リウマチの症状の程度も違います。とりあえず、原因と思われる力仕事は、やめてもらいます。原因が解消されないとリウマチは良くなりません。
   

 

リウマチの症例 その1(全身のリウマチ)


 20代女性。数年前、リウマチになってしまった。両手の指が痛くて握れない。腕を挙げようとするとか肩が痛くて完全に上まで挙げれない。水平まで位しか挙がらない。それから足の指が痛くて歩きずらい。足首も硬くなっていて階段の昇り降りが辛い。時々顎の痛くなる。口を開ける時、右顎が痛くなる時がある。という症状で来所されました。

 患者さんの体を検査したところ、かなり背骨が捻じれていて、少し姿勢が悪い状態でした。それから手足の指が浮腫んでいました。指の関節は捻じれすぎて少しずれていました。それらを取るように施術していったところ、通院十数回で大分症状は良くなりました。

腕は十分上まで肩の痛み無く挙がるようになりました。手の指も痛み無く握れるようになりました。浮腫みもありません。足も痛くなく以前より楽に歩けるようになりましたが、まだ足首の可動が少し悪い状態です。もう少しです頑張って通院してください。



リウマチの症例 その2(両足首)

 50代女性。リウマチになってから数年たっている。症状は、歩くと両足首が痛い。という症状で来所されました。たまたま、インターネットで検索して、ここのホームページを見て来たそうです。

 患者さんの体を検査したところ、両足首の周りの筋肉が硬直して膨らんでいました。足関節周りの筋肉が硬直しているので、足首の関節の可動が小さくなっていました。特に右足首の可動がない状態でした。そのためか足首に負担が掛からないように装具を付けていらっしゃいました。本人は「ゆっくりしか歩けないので、横断歩道を渡るのが大変だ」と言っていました。

 足首の形を良くして、筋肉の硬直を良くしていったところ、足首の可動は段々と良くなっていきました。筋肉の硬直も取れていきました。今回で通院6回目です。まだ足の装具を付けていらっしゃいますが、普通の速さで歩くことが出来るようになったそうです。

 リウマチは極度の疲労と考えてください。疲労しすぎて、筋肉が極度に緊張したのがリウマチです。リウマチは筋肉の緊張を取って骨格の捻じれや歪みを取れば良くなっていきます。他の症状との違いは、良くなるのに少し時間が掛かるということです。それでも当療法を受けてもらえば段々と良くなっていきます。諦めないことが大事です。


リウマチで来所された方の感想



40代女性の感想



いつから、リウマチと言われ、どこに、どのような痛みが、ありましたか。

2008年5月に腕が痛くて上がらなくなった。8月には左手首が腫れて10月に血液検査でリウマチと診断された、その時には両手首が腫れて痛く両腕上がらず1人で着替えも出来なかった。夜寝ると背中が痛くなり熟睡できなかった。

施術を受けてどうだったか

抗リウマチ剤の「リマチル」を飲みながら10月下旬より2009年2月上旬までほぼ毎日通った1月頃から痛みはほとんどなくなり夜もぐっすり眠れる様になった。開けれなかったペットボトルのふたも開けれるようになった。



50代女性の感想




いつから、リウマチと言われ、どこに、どのような痛みが、ありましたか。

2004,8,31MRIの画像からリウマチと診断されました。4月の終わり頃足が前に出にくくなり、腕を伸ばすと痛みがありました。5月になり体中の痛みを感じるようにんり、5月15日に病院で「リウマチかも知れない」と言われましたがRA(-)でした。首が動かないため着替えも辛く、膝も曲がらないので、物を拾うこともできず、と指以外の関節のすべてが動かせない状態で、体中の激痛に耐えていました。


施術を受けてどうだったか


一番痛い腕の痛みが楽になりました。腕を内転させると痛みが和らぐことを教えてもらえてとてもほっとしました。







20代女性





いつから、どこに、どのような症状が出ていますか。

リウマチ(中学2年から)
主に手首、足首、たまに肩や膝も痛む
痛みがあるときは、少し動かしただけでも痛む

施術を受けて、どうでしたか。

かたまっていた部分がすこし動くようになった。
動きが滑らかな感じ
体も軽い。








※口コミで評判、名古屋市外からも来院されます。


当研究所には、愛知県名古屋市中村区、名古屋市東区、名古屋市南区、名古屋市西区、名古屋市北区、名古屋市瑞穂区、名古屋市昭和区、名古屋市守山区、名古屋市天白区、名古屋市名東区、名古屋市熱田区、名古屋市港区、名古屋市千種区、名古屋市中川区はもちろん、名古屋市外の愛知県豊橋市、瀬戸市、半田市、愛西市、清須市、大府市、東海市、春日井市、小牧市、岩倉市、刈谷市、安城市、岡崎市、知多市、常滑市、豊田市、田原市、一宮市、北名古屋市
岐阜県多治見市、土岐市、可児市、関市、各務ヶ原市、岐阜市、恵那市、大垣市、海津市、郡上市、下呂市、高山市、中津川市、羽島市、飛騨市、瑞浪市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、
三重県伊勢市、松阪市、津市、四日市市、桑名市、いなべ市、鈴鹿市、亀山市、鳥羽市、志摩市、名張市、尾鷲市、熊野市からもインターネットで探し来られます。リウマチは改善されます。諦めないでください。



リウマチについてお悩み等ある方は遠慮なく、名古屋市中村区の名古屋駅前にあるまごころ自然整体研究所にメールをください。リウマチの症例報告のブログです。ご参考にしてください。





名古屋駅から徒歩
問合せ・御予約は電話でお願いします

TEL052-587-1817
営業時間:10時~12時/14時~20時
TOPにもどる