052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

リウマチ相談室

リウマチ痛で関節が曲げられない、膨らんでしまった関節も細く正常になっていきます。リウマチは当療法で段々と改善されていきます。
 
リウマチになると激痛です。薬を服用しても改善されるのに時間が掛かります。何日も何日も激痛にたえるのはものすごく辛いものです。痛みのせいで色んなストレスを抱え、外に出かけたくても出かける余裕もないと思います。そんなリウマチ痛を当療法は解消していきます。リウマチでお困りの方、ご相談ください。


 リウマチの症状について

リウマチの患者さんは当研究所に沢山来られます。そして、どんどん症状が改善されていかれます。その患者さんに当療法の施術を受ける前のリウマチについて話を聞くと

・夜、手の指がジンジンする痛みが出てたえられなかった。
・手の指が痛くて曲げられなかった。
・肘関節が膨らんで、痛くてまげられなかった。
・手足首の関節が痛くて動かせなかった。
・肩が痛くて腕が挙げられなかった。
・膝関節が曲がったままで伸びないし曲げられない。
・首、顎が痛くて動かすことができない。    
・病院で薬をもらって飲んでも痛みが良くならなかった。

など言っておられました。リウマチは激痛を伴います。薬を服用しても痛みがおさまらない人もいらっしゃいます。リウマチを完全に良くするには少し時間が掛かりますが、当療法を受けてもらえば段々と改善され、その痛みも起きなくなります。

当療法でリウマチの痛みが本当に起きなくなるのかと思われるでしょうが、事実リウマチの痛みがなくなっている患者さんがたくさんいらっしゃいます。全身にリウマチのある患者さんも段々と改善していきます。

リウマチの原因について

当療法では、リウマチの原因は極度の疲労と考えます。自分の体の許容範囲以上に体を酷使してしまい体に疲労が溜まり、体が捻じれすぎて筋肉が硬くなってしまったものと考えます。

当研究所のリウマチの患者に色々話を聞くと、リウマチの症状になる前に必要以上に力を使ったとか、何年も力仕事をしていた。という人がほとんどでした。それから、患者のほとんどが女性でした。そう考えると、「リウマチの原因は極度の疲労」ということも納得ができます。

それから、リウマチの患者さんをよく観ると努力家とか、何にでも一生懸命やるような感じの人がほとんどです。自分の体の許容範囲以上に体をめいっぱい使いすぎて、極度に疲労が溜まっていったようなに感じます。


リウマチの施術方法について

当療法のリウマチの施術は、腰痛や肩凝りの施術と基本的には、あまり変わりありません。まず、背骨の捻じれを取って、背骨をまっすぐにしていきます。それから、手、足など末端の部分、症状のある部分を施術していきます。施術の仕方で、他の症状と違うとしたら、強烈なリウマチ痛のある方は、超ソフトに施術するくらいです。

リウマチの患者さんで普通に施術しても痛みがない方もいらっしゃいますが、強烈に痛い方もいらっしゃいます。痛い方はおっしゃってください。その人の体に合わせたやり方で痛み無く施術をしていきます。前項でも書きましたが、当療法では、リウマチは、極度の疲労が原因と考えています。その疲労を取ってやれば、段々とリウマチ痛は改善されていきます。疲労は筋肉の緊張による骨格の捻じれです。このネジレを取っていけばリウマチは、段々と改善していきます。

リウマチの患者さんを沢山施術していると分かるのですが、他の症状の患者さんと比べ、背骨の捻じれが半端なく酷いということです。見た目には分かりにくと思いますが背骨を触ってみるとよく分かります。この酷い捻じれを取っていかないとリウマチの症状は改善していきません。リウマチの施術ポイントは背骨の捻じれをしっかり取ることです。この捻じれをいかに早くしっかり取るかが一番重要です。リウマチは捻じれが酷いので少し時間はかかりますが、捻じれが取れるにしたがってリウマチの症状は段々とおさまっていきます。

<リウマチの関連情報>


リウマチによる関節の変形について

リウマチの症状が進行してしまった患者さんで、膝関節、肘関節や指関節が変形して膨らんでしまうことがあります。これは関節周りの筋肉が緊張し、関節がずれてしまい、それを覆うようにして筋肉が緊張ないし硬直してしまったとき起きます。これも少し時間は掛かりますが、当療法で施術すると段々と元の形の関節に戻っていきます。周りの筋肉の緊張を解き、関節のズレを正常にしてやれま良いのです。緊張した筋肉の癖も何回か施術して解いてやれば、リウマチによる関節の変形したふくらみは解消されていきます。

癖の度合いが強いか弱いかで改善の早さが異なりますが、それでも段々と改善されることは間違いありません。先程書きましたが、リウマチは極度の疲労と考えてください。誰でも疲労が溜まると筋肉が緊張し、骨格が捻じれて関節も捻じれてズレたようなかたちなります。それを正常にしてやればよいのです。

普通は十分な休養をとると、骨格の捻じれは解消されますが、十分な休養を取っても骨格が捻じれたそのままの人もいます。そのままの人には少し手助けしてやれば良いのです。そうすれば骨格の捻じれや歪みは解消されます。極度の疲労で骨格が捻じれたままになっているのがリウマチと考えてください。リウマチは当療法で段々と改善されていきます。

リウマチ痛は戻りやすい


リウマチは施術するするたびに痛みや腫れ、浮腫みは取れていきます。しかし、他の症状と比べると症状が戻りやすいということです。酷い癖があると考えてください。戻るのを何回もやっているうちに痛みは段々の戻らなくなっていきます。痛みが起きなくなります。リウマチの症状が消えるということです。

リウマチが改善される速さは個人差があります。尊患者さんの生活する環境も違えば、リウマチの症状の程度も違います。とりあえず、リウマチになった原因を止めてもらいます。個人個人によってリウマチ原因は違うと考えます。その原因を止めないとリウマチは改善されません。

リウマチは女性に多い

当研究所のリウマチの患者さんは、ほとんど女性です。リウマチの原因ところで書きましたが「リウマチは極度の疲労です」。疲労の場合、筋肉量が問題になってきます。男性より女性の方が筋肉量は少ないので、女性の方がリウマチになりやすいのではないかと考えます。当研究所の患者さんを見ると女性でも筋肉量が少ない人ばかりです。長年整体業をやっていますがリウマチの男性の患者さんは一人だけでした。後は女性ばかりでした。


リウマチの症例



症例:1  全身のリウマチ

<症状>
20代女性。数年前にリウマチになってしまった。両手の指が痛くて握れない。腕を挙げようとするとか肩が痛くて完全に上まで挙げれない。水平まで位しか挙がらない。それから足の指が痛くて歩きずらい。足首も硬くなっていて階段の昇り降りが辛い。時々顎の痛くなる。口を開ける時、右顎が痛くなる時がある。という症状で来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、かなり背骨が捻じれていて、少し姿勢が悪い状態でした。それから手足の指が浮腫んでいました。指の関節は捻じれすぎて少しずれていました。
<結果>
それらを取るように施術していったところ、通院十数回で大分症状は改善されました。
腕は十分上まで肩の痛み無く挙がるようになりました。手の指も痛み無く握れるようになりました。浮腫みもありません。足も痛くなく以前より楽に歩けるようになりましたが、まだ足首の可動が少し悪い状態です。もう少しです頑張って通院してください。
<施術者のコメント>
リウマチの患者さんを沢山施術してきて分かったのですが、リウマチの方の背骨は物凄く捻じれています。一見して背骨は捻じれていないように見えますが、触ってみると驚くくらい捻じれています。リウマチとアトピーの患者さんはそれが特に言えます。このネジレが取れれば症状のあるところの痛みもどんどん取れていき、戻りもほとんど無くなります。

症例2:全身のリウマチ

<症状>
20代女性。半年前から両足の爪先、左膝、両手首が痛い。歩いたり手を動かすと痛い。足の甲には浮腫みもある。医者に行ったら、色々な検査をされリウマチと診断された。リウマチをどうしても治したいので、インターネットで色々検索していたら、当研究所のホームページを見つけ、ひょっとしてリウマチを治してくれるのではないかと思い来た。と言っていました。本人の話を聞いてみると、数年前からクラッシックバレーをしていたそうです。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、爪先、膝、手首にリウマチ特有の筋肉の凝りがありました。説明しにくのですが、痛いところは、腫れたような凝りがありました。触れるだけでは痛みがありませんでしたが、関節を動かすとかなり痛そうでした。特に足の爪先は、リウマチ独特の腫れたような凝りで固まって、歪み捻じれがありました。
<結果>
リウマチの痛みは施術するたびに取れましたが、次に来所する時には戻っていました。それを繰り返していくうちに、症状は段々と改善されていきました。通院を週2回で半年したところで、リウマチは良くなりました。痛みは戻らなくなりました。痛みなく生活できるようになりました。
<施術者のコメント>
リウマチは、良くならないと諦めず来てください。長年の全身リウマチでも段々と痛みは良くなっていきます。リウマチによる変形でも良くなっていきます。

例3:両足首にリウマチ痛がある

<症状>
50代女性。リウマチになってから数年たっている。症状は、歩くと両足首が痛い。という症状で来所されました。たまたま、インターネットで検索して、ここのホームページを見て来たそうです。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、両足首の周りの筋肉が硬直して膨らんでいました。足関節周りの筋肉が硬直しているので、足首の関節の可動が小さくなっていました。特に右足首の可動がない状態でした。そのためか足首に負担が掛からないように装具を付けていらっしゃいました。本人は「ゆっくりしか歩けないので、横断歩道を渡るのが大変だ」と言っていました。
<結果>
足首の形を良くして、筋肉の硬直を良くしていったところ、足首の可動は段々と改善していきました。筋肉の硬直も取れていきました。今回で通院6回目です。まだ足の装具を付けていらっしゃいますが、普通の速さで歩くことが出来るようになったそうです。
<施術者のコメント>
リウマチは極度の疲労と考えてください。疲労しすぎて、筋肉が極度に緊張したのがリウマチです。リウマチは筋肉の緊張を取って骨格の捻じれや歪みを取れば改善していきます。他の症状との違いは、良くなるのに少し時間が掛かるということです。それでも当療法を受けてもらえば段々と改善していきます。




TOPにもどる