052-587-1817 電話予約
ここをタッチ
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

当療法について

痛いとか痺れがあるという症状は、どうしたら良くなるのか。

長年整体業をやっていると段々分かって来ます。まず症状のある人は、すべて体幹が歪んで体の軸である背骨が酷く捻じれています。症状が酷くなればなるほど、その捻じれも酷くなってきます。その影響か症状の周りの筋肉は緊張ないし硬直してしています。これを解けば自然と痛みや痺れという症状はおさまっていきます。簡単にいうとそんなことです。

もう少し説明します。体を動かすと筋肉は疲労します。その疲労が溜まってくると筋肉は健康な状態より縮み、骨格は捻じれてきます。その捻じれを取ってやれば症状は消えていきます。より効果的に症状をとるにはその捻じれを捻じり返ししてやれば症状は取れていきます。不思議ですけど人間の体はそのようになっています。より効果の上がる方法が当療法です。当療法の根本の手法の理論は「体の捻じれ取り」です。これを念頭に施術すれば、より早く症状が取れます。

まごころ自然整体式整体療法について

当療法の施術の根本理論を簡単に言うと、骨格の捻じれ取りです。体の痛みや症状は骨格の捻じれを取るだけで良くなっていきます。これは体の健康を考える場合、非常に重要なことです。この骨格の捻じれ取りが簡単なようで案外難しいことです。疲労などにより筋肉が緊張すると骨格は捻じれます。休息し自己治癒力でその緊張が回復すればよいのですが、回復せずに筋肉が緊張したままですと、その人の本来の体の形が崩れてしまいます。つまり体に捻じれが入ってしまいます。それが段々酷くなっていくと、痛みや痺れが出たり、姿勢が悪くなります。体が捻じれると内臓は下垂し、機能が落ちます。すると便秘や下痢になったり、アトピー、花粉症になったり、呼吸がしにくくなったりします。つまり症状が出ます。

これら症状は骨格のネジレを取って体を本来の形に戻せば、症状は体の器質的疾患でない限り、戻ります。人間の体は不思議で体の形を良くすれば、健康になっていきます。健康か不健康かは体の形で決まります。

当療法の「基本の型」について

当療法では、骨格の捻じれを取るための基本的な方法があります。それが当療法の「基本の型」です。 現在、基本の型は、25手法あります。これを行えば、ほぼ骨格の捻じれが取れていきます。現在としたのは、手法がすぐ増えたり減ったり変わるからです。毎日研究しています。まだ「基本の型」は進化しています。当療法は、ほとんど独自のものです。ほとんどの患者さんの施術はこれを踏まえ、応用したものです。

 時々初めて来た患者さんに「いろいろ整体、マッサージを受けてきたがこんな施術初めてです」と言われることがあります。手法的にはあまりないものだと考えます。独自性が強いと考えます。手法はすべて自然で超ソフトです。患者さんの体に優しく、体が受け入れてもらえるように工夫されています。現在、施術は立位と仰臥位で行っています。

それから患者さんに対してのみならず、施術者に対しても、できるだけ体に負担が掛からないように考えてあります。施術者の体が壊れてしまったら、施術できなくなってしまうからです。これは大変重要なことです。できるだけ施術者が疲労しないように手法は考えてあります。この手法25種で施術すれば、大体の症状は取れていきます。なかなか効果が挙がらない時はちょっとアレンジしてください。そうすると効果が益々上がります。体の痛みや症状を取るには「コツ」があります。コツをつかむと症状は簡単に取れていきます。

高齢化社会にもってこいだと考えます

当療法は高齢化社会にもってこいだと考えます。長年色々な患者さんを施術していると分かるのですが、若い方と年配の方との違いは、体の捻じれ方にあると考えます。やはり若い方が年配の方より体の捻じれは少なく感じます。年配になればなるほど体は捻じれ姿勢は悪くなります。筋肉は硬くなります。どうしても年配になれば疲労が溜まり体は捻じれてくるのはしかたがありませんが、当療法を受けてもらえば体はあまり捻じれなくなり、筋肉もそんなにかたくなりません。

年配になってくると段々と内臓も下垂気味になり内臓機能も低下します。内臓機能を取っり戻すには、体の捻じれを取って内臓をあげてやればよいのです。それには体の捻じれを定期的に取り、体のメンテナンスに心がければ内臓が活発に動き健康は維持できます。つまり体は健康になり長生きできます。当療法は、他の療法より社会貢献ができると自負しております。先にちょっと触れましたが自分で行う体のメンテナンスも当所で教えています。興味ある方はどうぞ。

セルフケア(自己療法)もあります

当療法には自分で自分の体を良くするセルフケアの手法もあります。結構効果が上がります。施術してもらうことよりは効果が薄れますが、私は結構効きました。肩凝り、首凝り、不眠症、股関節の痛み、腰痛、頻尿などすべてセルフケアの手法で取りました。患者さんの希望があれば簡単なセルフケアの手法を教えています。患者さんにも好評です。当学校で勉強された人には、セルフケアの手法はすべて教えています。当校の卒業生には施術した後は必ず自分のボディケアをしなさいと言っています。施術者は自分の体のケアも大事です。セルフボディケアに興味のある方は当校でセルフボディケア教室も開いていますのでどうぞ。


体の捻じれを取れば加齢による痛み、痺れ、健康障害にも勝てます

痛み、痺れ、健康障害は体の捻じれ、筋肉の緊張から起きます。それを克服し健康を維持するには当療法が持って来いと考えます。疲労による体の捻じれ、筋肉の緊張は、日頃の体のメンテナンスが大事です。体が捻じれて来ると痛み、痺れ、健康障害が出てきます。体の捻じれをしっかり取ってやれば、そんなことは起きません。当療法のセルフボディケア(自己療法)と定期的な施術をうけることで健康は維持できます。足腰が弱った、肩が挙がらない、内臓系統に心配があると思ったら当療法の施術を受けてください。段々と健康な体になっていきます。