052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

シンスプリント相談室

当療法でシンスプリントは、短期間で解消されます。シンスプリントはそんなに難しい症状ではありません

 当研究所には、スポーツのやり過ぎで体を痛めた方が沢山いらっしゃいます。当研究所は、どうしたら早くスポーツ障害を改善できるかを常に研究しております。その結果驚くほどのスピード改善が出来るようになりました。どこに行っても改善されなかったシンスプリントの症状がどんどん解消していくので、みなさん喜ばれて帰られます。


シンスプリントとは・・・
シンスプリントの正式名称は「脛骨過労性骨膜炎」といい、スポーツ障害の一種です。運動をやり過ぎたり、ジャンプやランニングをやり過ぎで、起きやすい症状です。その痛みは、下腿の1/3(スネから下)にでるのが特徴です。初期段階は、痛みが鈍く、我慢すれば何とかなりますが、それは悪化してしまう原因でもあります。当研究所に来られる人はそのような人が多くいらっしゃいます。 

これはスポーツをやり過ぎて起こります。特に中学生、高校生に多く、急に一生懸命スポーツをやりだす新入生に多いと聞きます。新入生の皆さん中学、高校に入り、急にハードなトレーニングをしてしまった方気を付けてください。


シンスプリントの症状の特徴
 シンスプリントの痛みは脛の内側が痛くなります。そこを強く押したりすると結構な痛みが出ます。スポーツでも走ったりするランニング系の運動やジャンプしたりするスポーツであるバスケットボール、バレーボールなどの選手に多く見られます。

 多くの場合、初めは違和感程度だったのが、症状が進むにつれて痛みも伴うようになってきます。その痛みもこらえ、くり返し運動することで、さらに症状は悪化します。オスグッド化していきます。

シンスプリントになりやすい行為


・走る時のフォームが悪い。
・クッション性のない靴で走っている。
・コンクリートでのトレーニング。
・日頃、運動していないのに、いきなり激しい運動をした。など 
 あなたは上記のことに心当たりはありませんか。シンスプリントは、初めは鈍痛なので少し違和感がある程度しか感じないので、そのままでも大丈夫と思い放置してしまう人が多いようです。その違和感を放置してしまうと運動の最中にずっと痛みを伴ったり、普段の生活にも支障が出てきてしまいます。
 シンスプリントの痛みを我慢して運動をし続けると「疲労骨折」「剥離骨折」「部分骨折」にもなりかねません。そして、しばらくスポーツが出来なくなってしまうという大変なことになってしまいます。そうならないためにもシンスプリントになってしまったら早めの改善が必要です。
普通の足の痛みでしたら、1、2週間練習を休めば大概良くなるのですが、シンスプリントはそうはいきません。症状を早く改善するには適切な治療が必要です。当研究所の施術を受けてもらえば、シンスプリントはどんどん改善されていきます。

シンスプリントの痛みについて・・・
シンスプリントは疲労しすぎて、筋肉が緊張し硬くなり骨膜を引っ張るため痛みが出ます。この痛みを取る場合、体全体も考えないと一旦症状が改善されても、また再発します。体全体のバランスや骨格のネジレをしっかり取ることが必要です。
当療法は体全体の捻じれ取り、歪み取りを得意としています。お任せください。
               

シンスプリントの原因について


当療法が考えるシンスプリントの原因は、直接的には下腿から下の骨格のねじれ及び筋肉の緊張です。それから足全体と捻じれも大いに関係があります。それを正常にすれば症状は改善します。

シンスプリントの施術について

 当療法のシンスプリントの施術は、腰痛や膝痛の人とほとんど変わりません。まずは、体の軸である背骨の捻じれを取ります。そのとき体幹の歪みも取ります。それから症状のある足へと施術していきます。足の施術は、足の捻じれ、足の筋肉の緊張を取っていきます。特に症状がある下腿から下の施術を丹念に行っていきます。
 
下腿の2本ある骨のネジレ、歪みを取ります。それから足の指の捻じれ、踵の凝りをとります。もうひとつ、足裏アーチをつけてやれば、周りの筋肉はほぐれ痛みは解消していきます。そんなに難しいことではありません。個人差ありますが、シンスプリントの症状は、遅くても2、3回通院してもらえば症状は改善されていきます。



シンスプリントの症例 その1

<症状>
10代男性。2、3日前から走ったり、膝を深く曲げたりすると両膝下内側が痛くなる。医者に行ったら「シンスプリントです」と言われた。この方は以前、膝が痛いとき医者に行ったが良くなるのにかなり時間が掛かったそうです。早く治りたいので、インターネットでシンスプリントを治してくれそなところを探していたら、当研究所を見つけ、来所したそうです。
<検査・結果>
患者さんの体を検査したところ、体幹はかなり歪んで全身の筋肉はかなり緊張していました。特に足腰の筋肉が相当酷く緊張していました。両足首周りの筋肉は硬直しており、足首の可動が悪い状態でした。施術後、膝を深く曲げても痛くなくなりました。足首の可動も改善されました。
<施術者のコメント>
シンスプリントは、一般的に治りにくいと言われますが療法の施術を受けてもらえば早く改善されます。シンスプリントを早く改善するにはコツが要ります。シンスプリントでお困りの方、ご相談ください。



<シンスプリントの関連情報>


シンスプリントで冷やすことはあまりお勧めはしません

 冷やすと筋肉が固まってしまうためです。よくスポーツ選手でアイシングをする人がいますが、運動後で筋肉が熱を持っているときにアイシングをするのは正解です。
ただなんとなく、みんなやってるからという理由で間違ったやり方をすると筋肉が固まってしまう可能性があります。特にシンスプリントの場合アイシングをすると、シンスプリントでカチカチの筋肉をさらにカチカチにしてしまう恐れがあるので、あまりお勧めは出来ません。

スポーツ障害を未然に防ぐには・・・・

 オスグッドやシンスプリント、その他にも肉離れ、靱帯損傷、捻挫、腰痛、膝痛などのスポーツ障害は、予防によってほとんど防ぐことが出来ます。それでは、どうしたらよいか。「スポーツ障害になりにくい体」にすればよいのです。
 スポーツ障害にしにくい体にする為には、筋力トレーニングをして頑健な体にすればよいと思っている人もいらっしゃると思いますが、それは間違いです。上記に書いたスポーツ障害で当研究所に患者として筋肉を鍛えられた頑健な体の人もいらっしゃいます。スポーツをするうえで、筋力をつけることは大事ですが、「スポーツ障害になりにくい体」にすることとは別物です。

上記のスポーツ障害でいらっしゃる患者のほとんどが、過度のトレーニングで疲労し、骨格が歪み、捻じれて、筋肉がカチカチなっています。当然、筋肉の柔軟性は無く各関節の可動域は小さくなっています。

スポーツ障害を未然に防ぐには、このような状態の反対の体にもっていけば障害を負わない身体になります。方法としては、激しい運動が終わった後、疲労で硬くなった筋肉を自分で筋肉を緩ませてください。運動後のセルフボディケアが大事です。各関節を柔軟にして関節の可動を広げておく。ついでに骨格の歪み、捻じれを取っておけば万全です。面倒くさがらず必ずやって下さい。

 運動した後、筋肉は疲労し筋肉が緊張し、一時的にせよ体は歪みます。骨格の歪みが少ない状態なら休憩を取れば自己治癒力で、体は元にもどりますが、あまりにも疲労が溜まって体の歪みが激しく、筋肉がカチカチですと、運動するとさらに疲労がたまるばかりです。疲労が溜まる前に体のメンテナンスをして下さい。一番いいのは運動した後です。そうすることで激しい運動をしても上記のスポーツ障害は起きないと思います。何度も言うようですが、シンスプリントなどのスポーツ障害を未然に防ぐには、運動した後の自己メンテナンスが大事です。当研究所でも患者さんの希望により簡単なセルフボディケアをお教えしています。




※口コミで評判、名古屋市外からでも多数来院されます
 
当研究所には、愛知県名古屋市中村区、名古屋市東区、名古屋市南区、名古屋市西区、名古屋市北区、名古屋市瑞穂区、名古屋市昭和区、名古屋市守山区、名古屋市天白区、名古屋市名東区、名古屋市熱田区、名古屋市港区、名古屋市千種区、名古屋市中川区はもちろん、名古屋市外の愛知県豊橋市、瀬戸市、半田市、愛西市、清須市、大府市、東海市、春日井市、小牧市、岩倉市、刈谷市、安城市、岡崎市、知多市、常滑市、豊田市、田原市、一宮市、北名古屋市、岐阜県多治見市、土岐市、可児市、関市、各務ヶ原市、岐阜市、恵那市、大垣市、海津市、郡上市、下呂市、高山市、中津川市、羽島市、飛騨市、瑞浪市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、三重県伊勢市、松阪市、津市、四日市市、桑名市、いなべ市、鈴鹿市、亀山市、鳥羽市、志摩市、名張市、尾鷲市、熊野市からもインターネットで探し来られます。シンスプリントは改善されます。諦めないでください。
シンスプリントについて、お悩み等あれば遠慮なく、名古屋市中村区の名古屋駅前にあるまごころ自然整体研究所にメールを下さい。当研究所のシンスプリントの症例ブログです。参考にしてください。

                                                      
名古屋駅から徒歩
問合せ・御予約は電話でお願いします
TEL052-587-1817
業時間:10時~12時/14時~20時
                                     
TOPにもどる