052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

側湾症相談室

側湾症は、手術やコルセットなしで改善していきます。ソフトな手法で側湾症がどんどん改善しています。当療法の独自の手法で改善しませんか。

側湾症は早期発見、早期改善が一番効果がありますが、何十年も前に発症し進行の止まっている大人の側湾症も驚くほど改善していきます。

側湾症とは・・・
側湾症とは背骨が左右に歪んだり捻じれたりしている背骨の症状をいいます。側湾症は背骨が前から見て10度以上曲がりがあるものをいいます。医者ではx線検査で背骨の曲がりが10~25度では検査観察。25度以上だとコルセットするよう勧めれ、50度以上は手術を勧められるようです。

側湾症が原因で起こる症状について

側湾症は背骨は捻じれて横に湾曲している症状ですが、体の軸が捻じれていると他の所にも影響を及ぼし側湾症以外にも症状が出ます。
 
・肩こりが激しくつらい
・首の筋肉がカチカチに固まり、スッキリしない
・慢性的な腰痛のため、合わないイスに座ると腰が痛くなる
・慢性的な頭痛や頭が重く、めまいも多い
・顔や頭が歪んでいるのが悩みである
・背骨が歪んでいるため、疲労が溜まりやすく体調がすぐれない
・背骨が歪んでいるため、呼吸が浅い・胃が重い・便秘が続く
・姿勢を正しているつもりでも、姿勢が悪くなってしまう
・歳を重ねるごとに、側湾症の症状が出始めた
・仰向けで寝ると背中が痛いので横向きでしか寝られない
・不眠症・睡眠障害・眠りが浅い・寝つきが悪い
・周り人に悩みが分かってもらえないため、精神的につらい

上記のようなことは当研究所に来られた患者さんの初診の時の言葉です。人によってそれぞれ異なった症状を抱えているのが、側湾症の特徴です。そのため、複雑な要素が混合している状態を改善するには、細かなその状態にあった対応が必要です。器具などでは、まかない切れるはずがありません。繊細な手の動きには敵いません。
 下記にも一般的な治療法の説明を載せましたが、手術後の手術痕やコルセット着用は大変なようで、そう考えて側湾症を治すことを諦めてしまう方もいらっしゃるように聞きます。当療法は、手術やコルセットは使用せず、手技のみで症状を改善していきます。その為、手術後の後遺症やコルセット着用の煩わしさありません。安心して施術を受けてください。
 また側湾症で肋骨がボコッと出てくる方がいます。その方が医者にかかるとそれは改善できない。と言われたそうです。それもあり、側湾症の改善を諦めてしまう人がいるようです。当整体院では、そのような方をたくさん改善してきました。もう良くならない諦めないでください。

名古屋市で側湾症を改善してくれる整体院をお探しなら、まごころ自然整体研究所をどうぞ。


側湾症の症例 その1(側湾症による腰痛、首痛)

<症状>
40代男性。以前、病院で側湾症だと言われたことがある。10年前から腰が激痛ではないが、いつも少し痛い。3日前ゴルフをしてから座っているだけで腰がたまらなく痛くなるようになってしまった。他に、以前から首を後ろに反らすと、痛みがないが首を後ろに反らしにくい。朝起きた時、いつも背中が痛くなる。という症状で来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査してみると、背骨に軽い側湾症がありました。背骨に彎曲が少し入っており、背骨の周りの筋肉がところどころ硬直がありました。単なる疲労による彎曲との違いは側湾症の方が筋肉の緊張が酷いということです。
 他に臀部及び腰の筋肉も、かなり張っていて、ところどころ筋肉が硬直していました。仙骨、尾骨も歪みがあり、周りの筋肉が硬直していました。
<結果>
背骨の側湾や筋肉の硬直しているところを良くしていったところ、通院5回ですべての症状が改善されました。腰痛や背中の痛みは感じなくなりました。背骨の側湾症もほとんど無くなりました。
<施術者のコメント>
 酷い側湾症でもどんどん改善されています。症状が改善されると背も伸び、背筋がスカッとします。患者さんに聞くと「側湾症があるときは、背中が重いような感じがして、スッキリした感じがいつもしなかった。良くなったら、体がスッキリした。全然違う」と言っていました。
 酷い側湾症は、背骨だけでを改善しようと思っても、側湾はなかなか改善しません。手足の捻じれを取ることも重要です。症状の酷い人は、手足の筋肉も硬くなっているか、非常に疲れるはずです。


側湾症の症例 その2 (側湾症による首凝り、肩凝り、腰凝り、背中の凝り)

<検査>
30代女性。子供の頃から首凝り、肩凝り、背中の凝り、腰の凝りが常にある。凝りが無くなったことがない。いつも体がスッキリとした感じがない。「側湾症は何とかなりますか」と言って来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査してみると、体幹がかなり捻じれていて少し背骨が側湾していました。大きく彎曲した側湾症ではなく、小さめの湾曲があり背骨の周りの筋肉が硬直した状態でした。
<結果>
この硬直を良くするのに施術時間が、かかってしまいました。時間が掛かったかいがあって、凝りは大分取れました。一回目の施術後、首凝り、肩凝り、背中の凝り、腰の凝りが改善されました。本人は「スッキリした」と言っていました。まだ、少し背骨の硬直が残っています。もう少し来て下さい。
<施術者のコメント>
側湾症は、酷いと施術1回では中々改善されません。側湾症の人は、背骨の周りの筋肉が広い範囲で硬直していることが多いようです。側湾症は改善しないと諦めないで来てください。症状が酷い側湾症の人でも、段々改善していきます。


側湾症の症例 その3(長年の側湾症)

<症状>
50代男性。中学生頃から側湾症ですが、体はあまり痛くありません。背中に凝った感じはあります。体が歪んでいるのも感じられます。という症状で来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、患者さんが側湾症だと申告しているように、明らかに背骨が側湾していました。特に胸椎が右に大きく湾曲しており、体の軸が崩れていました。湾曲の大きいところの周りの筋肉はカチカチ緊張していました。
<結果>
それを取りつつ施術していったところ、今回通院4回目ですが大分湾曲が小さくなりました。筋肉がカチカチであったところは、大分柔らかくなってきました。
 4回目の施術後、本人は「身長が高くなった感じがする。背中の凝りもあまり感じなくなり、体の歪みもなくなってきた」と言っていました。背骨の湾曲が小さくなると身長が伸びます。もう少し通院してもらえば、まだ背が伸びます。どんどん来てください。
<施術者のコメント>
側湾症の施術は背骨の湾曲を小さくすることですが、それをするのには背骨の捻じれを取ることが重要です。背骨の捻じれ取りにはコツが要ります。当療法は側湾症を得意としております。悩んでいる方、手術する前に来てください。


一般的な側湾症の治療について

 側湾症の場合、まず整形外科や専門病院へ行かれると思います。病院ではレントゲンを撮り、背骨の湾曲の度合いによって側湾症と診断されます。病院でも処置をしますが、コルセットを装着して進行を止めるというのが一般的な方法のようです。湾曲が強い場合は、手術をすることもあります。
 手術は背骨をまっすぐにするように金属で固定するようです。湾曲が強く成長期が過ぎても進行が予測される場合や、内臓に悪影響を与えている場合、腰痛などの症状がひどく日常生活に支障をきたしている場合に手術を勧められるそうです。しかし、明確な治療法が確立されていないのが現状のようです。 

 

側湾症の原因

側湾症の原因は、直接的には背骨の湾曲や捻じれと肋骨の歪みです。それから、そのまわりの筋肉の極度の緊張です。酷い側湾症は、手足の捻じれも大いに関係があります。

側湾症の施術について

 当療法では病院の治療とは異なり、手術や装具(コルセット等)を使うことはありません。完全に手技のみで行います。あなたの側湾症の状態に合わせた手法で行なっていきます。具体的には、歪んだ骨格を本来の位置に戻すために、緊張した筋肉を緩める施術を行っていきます。
 背骨の湾曲や捻じれ・肋骨のゆがみは、骨自体が歪んでいるのではなく、骨を支え、動かす役割のはずの筋肉が緊張して骨をずらし骨格を歪まさせます。当療法では、緊張した筋肉を緩ませ、側湾症を改善していくのですが、施術は単に背骨の側湾をまっすぐにさせていくのだけではありません。
 
体全体のバランスも考え、無理く自然に行ていきます。特に酷い湾症の人は、症状を改善するのに、足の捻じれや手の捻じれも改善しないと側湾症は良くなっていきません。時として、手や足も同時に背骨を施術しなければならないこともあります。 
 
 要するに、側湾を改善するには、複雑でコツが要ります。この背骨の、この肋骨の歪みは、どの筋肉が緊張して歪ませているのか。それから、体全体のバランスはどうか等もをいっしょに考えて施術しています。
 
肝心の背骨ですがどのようにネジレているかも見極めねばなりません。指の感覚と経験も必要になってきます。酷い側湾症になればなるほど背骨に複雑な捻じれが入っています。それら複雑な捻じれの側湾症でも、当研究所ではどんどん改善しています。側湾症でお悩みの方、どうぞご相談ください。

  
当療法の施術は、優しい手法で行います 

当療法では、体を歪ませ緊張してしまっている筋肉に対して、優しい心地よい手法で、筋肉の緊張を取り除いていきます。普通の整体院のようにギュウギュウ、バキバキ、ボキボキという強い圧力を身体に全く加えません。
一般的な整体はギュウギュウ、バキバキ行うかもしれませんが、当療法ではそのような施術は一切しません。なぜなら、緊張してしまっている筋肉に対してのギュウギュウとした強い圧力はさらに筋肉を緊張させてしまうと考えるからです。体は、受け入れがたい強い圧力を加えられると防御体制に入り、無意識に体に力が入って筋肉は緩みにくい状態になってしまいます。
ですから当療法では優しいソフトな手法ですべて行っております。ソフトで優しい手法で行っておりますので、気持ちよくなり眠ってしまう人もいらっしゃいます。

 
<側湾症の関連情報>

側湾症の症状の酷い人は改善するの少し時間が掛かかる人がいます

 側湾症で背骨の曲がりが酷く、周りの筋肉が硬直している人は改善するのに少し時間がかなりますが段々と改善していきます。例えば背骨の一箇所湾曲が酷いと他の箇所も湾曲があり筋肉が硬くなっています。それから背骨に一箇所湾曲が酷く周りの筋肉がカチカチに緊張していると、背骨以外の他のところも必ず骨格が捻じれていて周りの筋肉は緊張しています。それらもすべて状態を改善しないと側湾症は改善されません。体はすべて繋がっています。そして影響しあっています。




※口コミでも評判、名古屋市外からでも来院されます

当研究所には、愛知県名古屋市中村区、名古屋市東区、名古屋市南区、名古屋市西区、名古屋市北区、名古屋市瑞穂区、名古屋市昭和区、名古屋市守山区、名古屋市天白区、名古屋市名東区、名古屋市熱田区、名古屋市港区、名古屋市千種区、名古屋市中川区はもちろん、名古屋市外の愛知県豊橋市、瀬戸市、半田市、愛西市、清須市、大府市、東海市、春日井市、小牧市、岩倉市、刈谷市、安城市、岡崎市、知多市、常滑市、豊田市、田原市、一宮市、北名古屋市、岐阜県多治見市、土岐市、可児市、関市、各務ヶ原市、岐阜市、恵那市、大垣市、海津市、郡上市、下呂市、高山市、中津川市、羽島市、飛騨市、瑞浪市、瑞穂市、美濃加茂市、美濃市、本巣市、三重県伊勢市、松阪市、津市、四日市市、桑名市、いなべ市、鈴鹿市、亀山市、鳥羽市、志摩市、名張市、尾鷲市、熊野市からの遠方からもインターネットで探し来られます。側湾症は改善されます。諦めないでください。当研究所の側湾症の症例ブログです。参考にして下さい。


名古屋駅から徒歩5
問合せ・御予約は電話でお願いします
TEL052-587-1817
営業時間:10時~12時/14時~20時



TOPにもどる