052-587-1817
TEL  052-587-1817
営業時間 : 10時~12時/14時~20時
定休日 : 月曜日・木曜日

坐骨神経痛相談室

坐骨神経痛で悩んでいませんか。当療法で坐骨神経痛を根本から改善していきませんか。当療法は坐骨神経痛の改善を得意としています。

坐骨神経痛も体のネジレから起きます。この体のネジレを取っていけば段々と症状はおさまっていきます。当療法の施術は一時的に痛みや痺れを和らげるという物ではなく根本から症状を解決していきます。坐骨神経痛でお悩みの方、当研究所に一度ご相談ください。

坐骨神経痛とは・・・

坐骨神経は体の中で最も長く太い神経で腰からつま先まで伸びています。この坐骨神経を圧迫したり引っ張たりするとお尻や太もも、足先に痛みやシビレの症状が起きます。これが坐骨神経痛です。坐骨神経痛は疾患名ではなく症状名です。症状の感覚としては、強烈な痛み、ビリビリした痛み、痺れ、違和感がでます。

坐骨神経痛の具体的症状

・立っているだけでお尻や足に痛みや痺れが出る。
・寝るとジンジン疼痛があり眠られない。
・座っていて立ち上がる時、足やお尻に痛みが出る。
・寝返りしてもお尻や太ももに痛みが出る。
・前かがみになるとお尻や太ももに痛みが出る。
・足に力が入りにくい。
・少し体を動かしただけでお尻や足が疲れがでる。
などあります。もしこのような症状があったら坐骨神経痛の可能性があります。この症状は、そのままにほっておいて自然に改善することは、まずありません。さらに症状が酷くなっていくこともあります。

坐骨神経痛の原因について


坐骨神経痛は、若い年齢の方は腰椎椎間板ヘルニアで起きることが多い。年配の方は腰部脊柱管狭窄症などが原因で起きることが多くみられます。坐骨神経痛全体を考えると腰椎椎間板ヘルニアが直接的原因であることが圧倒的に多いようです。

施術方法について

前項で書きましたが、腰椎椎間板ヘルニアが坐骨神経痛の原因が最も多いとかきましたが、施術方法は他の坐骨神経痛の原因ときも、ほとんど同じような方法で改善できます。ヘルニアの場合は、椎間板内の圧が高くなって髄核が飛び出してしまい、その飛び出たものが坐骨神経を圧迫し症状を起こします。他の原因の場合でも、何らかの関係で坐骨神経を圧迫ないし引っ張ることで痛みを起こすのですから、それをなくせばよいだけのことです。そうすると症状は段々とおさまっていきます。

そこで、どうすればよいかというと腰椎の捻じれと周りの筋肉の緊張を取ります。その時少し椎間板に牽引を掛けます。それから骨盤の歪み、足の捻じれを取ります。その周りの筋肉の緊張も取っていきます。取っていくのですが、症状が酷い人は腰椎が相当な捻じれがあります。しっかり取らないと症状は改善されていきません。周りの筋肉もガチガチに緊張ないし、硬直していますので、根気よく正常な状態に戻していきます。少し時間が掛かるときもありますが施術していけば段々と症状は改善されていきます。

坐骨神経痛の関連情報


坐骨神経痛を早く良くするのに次のことに気を付けてください

・激しい運動は避けてください。
・できるだけ長時間同じ姿勢を取らないで下さい。
・体を冷やさないで下さい。
・できるだけ痛みが出るような動きをしないで下さい。
などです。悪化させると痛みで歩行困難になります。座っていられまくなります。排泄が上手くできなくなることもあるので気を付けてください。足の筋肉など出来るだけ緊張させないでください。そうすると体はあまり捻じれません。その間に当療法の施術を受けてもらって体幹の捻じれ取りをしてもらうと、どんどん坐骨神経痛は改善していきます。

出来るだけ痛くない体勢で施術します

当療法の施術は仰臥位、立位、伏臥位などのあらゆる体勢での手法があります。患者さんができるだけ痛くない体勢で施術します。痛いと筋肉を緊張させるので極力痛くないように施術します。当療法の施術は普通、立位と仰臥位だけで行います。以前に坐骨神経痛の患者さんで仰臥位への移動が少しだけ痛かったので、仰臥位に変わって座って施術を行いました。それでもドンドン痛みは改善していきました。

坐骨神経痛はシップをしても改善されません

神経障害からくる痛みの場合、シップをしても何の効果もありません。炎症による痛みの場合、シップは効きますが坐骨神経痛は神経に触って痛みが発生するのですから方法が違います。シップを張ると気持ちがよい程度と考えてください。

坐骨神経痛の症例


症例1:2週間前からお尻と太ももの裏に痛みが走る

<症状>
30代女性。10年前位に腰椎ヘルニアと言われお尻とももの裏が痛かった。それから症状は少し良くなったが前屈するとお尻がまだ少し痛い。少しの痛みだったのでそのままにしていた。2週間前から急に痛みが増して座っているだけでもお尻とももの裏が痛い。歩いても同じように痛い。それから10年前から口を開けると右顎から音がする。という症状で来所されました。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、全身の筋肉がガチガチに緊張していました。口を開けると右顎から小さな音がした。首を右に倒しても首が痛いといったいました。仰向けに寝ると強烈にお尻にの痛みが出たので座位で施術することにしました。
<結果>
通院5回目まで座位で施術しました。仰向けで寝てもお尻が痛くなくなったので6回目以降は仰臥位での施術も取り入れました。仰臥位での施術の方が腰椎の捻じれはしっかり取れるからです。通院8回目の時、歩いてもそんなにお尻に痛みはでなくなりました。顎関節症は仰向けに寝れるようになってから2回目で口を開けても鳴らなくなりました。首の痛みも改善されました。通院14回目でヘルニアによる坐骨神経痛の痛みは無くなりました。前屈しても痛みは感じなくなりました。日常生活の動きでも痛みは感じないと本人は言っていました。
<施術者のコメント>
患者さんは通院2回目くらいの時に医者に行ってレントゲン検査をしたところ、しっかり腰椎にヘルニアが出ていたと言っていました。手術はしたくないので整体で治したいと言っていました。ヘルニアは少し時間が掛かりますが段々と改善していきます。ヘルニアの手術をしたくない方お任せください。

症例2:足の痺れがあり、足の感覚が鈍い。足に力が入らない

<症状>
50代男性。数週間前から椎間板ヘルニアで右足が痺れ、右足の感覚が鈍い。右足に力が入りにくい。腰は常に重い感じがする。時々腰を前に曲げると痛みがある。という症状で来所されました。椎間板ヘルニアは医者に行った時そのように言われました。
<検査>
患者さんの体を検査したところ、かなり体幹が歪んでいました。肋骨、骨盤の歪みが目立ちました。肩甲骨周りに筋肉も、かなり凝っていました。症状のある右足は、パンパンに筋肉が張っており、全体的に内に捻じれていました。さらに足首から下は筋肉が硬直しており、歪みが酷い状態でした。
<結果>
体の歪み、ネジレ、筋肉の凝りを丹念に取っていったところ、通院数回で症状は改善しました。足の感覚も戻り、足の力も入るようになりました。足の痺れも無くなりました。腰の重さ、腰の曲げた時の痛みも無くなりました。
<施術者のコメント>
施術を受けてもらえば、椎間板ヘルニアも段々と改善していきます。痛いのを我慢せず来てください。ヘルニアは体のネジレから来ると考えます。体が捻じれ過ぎて椎間板をギュッと圧迫し、ヘルニアになると考えます。しっかり捻じれを取ればヘルニアも改善していきます。

症例3:ずっと前からお尻が痛い。左の太もも、足首に痛みがある。

<症状>
60代女性。ずっと前から左のお尻が痛い。左の太もも、足首に痛みがある。それから腰を反らすと腰も痛い。という症状で来所されました。本人は立ち仕事が多いそうです。
<検査・結果>
患者さんの体を検査すると、かなり体幹が歪んでおり、背骨の検査をすると、腰椎、胸椎がビックリするくらい捻じれていました。足は内に酷く捻じれていました。足の筋肉もカチカチに緊張していました。施術後足の痛み、お尻の痛みは無くなりました。まだ腰を反らすと少し痛いようです。もう少し背骨のネジレがしっかり取れるまで通院してください。
<施術者のコメント>
この方は腰椎が相当捻じれています。半端なネジレではありませんでした。半分くらい捻じれは取れましたがまだまだです。それでお尻や足に症状が出ていると考えます。坐骨神経痛の典型です。当療法で坐骨神経痛は良くなっていきます。この方は症状がかなり軽い方です。




TOPにもどる